第15話

なんで、いつも...?
しんちゃんに手を取られ、


連れてこられたのは


ライブ会場の2階の席
you
え、なんでここ…?
與真司郎
與真司郎
まぁ、ええやん!‪w‪w‪w
you
飲み物買わないと…
與真司郎
與真司郎
別に楽屋にあるし‪w‪w‪w‪w
you
じゃあ、なんでここに?
與真司郎
與真司郎
だって、あなたちゃんずーっと泣きそうな顔して、にっしーと、宇野ちゃんのこと見てはるから
you
…ッ
與真司郎
與真司郎
で?どないしたん?
話聞くで?
そう言われ、


私は、今日ライブであったこと、


楽屋であったことを全て話した
you
…………って言うッ
與真司郎
與真司郎
…そっか、
まぁ、恋は、難しいねんな‪w‪w‪w
you
何様‪w‪w‪w‪w…?グズッ
話し終わった時には、


止まることを知らない涙が


溢れ出てきていた
與真司郎
與真司郎
もー、泣かんといてや!‪w‪w‪w
あなたちゃんは、笑顔が1番やで?
you
うん…ッ
與真司郎
與真司郎
んー、ってことは、告白どないすんの?
どうするも、こうするも、


諦めるしかない…


だから、
you
……もう、好きじゃなくなったから
と、私は、強がったんだ…


涙が出てるくせに…


そしたら、即答で
與真司郎
與真司郎
嘘や
って…
you
嘘じゃない…
與真司郎
與真司郎
じゃ、泣かんでもええやん
you
それはッ
與真司郎
與真司郎
まぁ、俺からは、にっしーがどうなのかは、言えへんけど、とりあえず、まだせんでええんちゃう?
與真司郎
與真司郎
今日って決まったわけじゃないんやろ?
you
うん…
與真司郎
與真司郎
じゃ、ええやん、
與真司郎
與真司郎
……まぁ、嫉妬や!
you
嫉妬…
確かに嫉妬だったかもしれない


私といる時よりも楽しそうで、


笑顔がたえなくて、


たかうの、と言われるほど


ファンの子達からも人気で、


私よりも、宇野ちゃんの方が


色んなにっしーを知ってて、


色んなにっしーを見てきてて、


宇野ちゃんの方が、似合う…
與真司郎
與真司郎
うん、
にっしーも、やりすぎなところはあったけど、それも、演技やから!
you
でも、にっしーは、私といる時よりも
と、私が言ってる最中に、
末吉秀太
末吉秀太
あ!いた!!!
と、秀太くんの声が
與真司郎
與真司郎
おー、秀太!
末吉秀太
末吉秀太
おー、秀太!
じゃねーよ!!‪w‪w‪w
飲み物買ってくるわ!って言っておきながら、
なんでここにあると!?‪w‪w‪w
與真司郎
與真司郎
んーとね、ファンの子達の目線になってみた‪w‪w‪w
ここから意外と遠いねんな、
俺たちは、近くに感じるけど…
一瞬、話されるかと思った


だけど、しんちゃんは、黙っていてくれた


その優しさに


ファンの子達が好きになる理由だな


って思えた
末吉秀太
末吉秀太
いや、そんなことは、どうでもいいって、みんな遅すぎて心配してるけん、帰ろ!
與真司郎
與真司郎
ハイハイ‪w‪w‪w
you
ごめんね、心配かけて…
そう謝ると、
末吉秀太
末吉秀太
いや、別に‪…
と、なぜか少し冷たい秀太くん
疑問に思いながら、楽屋に戻ると、
西島隆弘
西島隆弘
どこにおった!?‪w‪w‪w‪w
と、少し心配そうに


話しかけてくるにっしー


でも、思わず目を逸らしてしまった
you
💭さっきまで宇野ちゃんと、話してたくせに…
なんて、思いたくもないことを


思いながら、


私は、
you
あの、今日は、帰ります!
これからも頑張ってください!
それだけ言い残して、


荷物を手に取り、


部屋を出ていこうとしたら、
西島隆弘
西島隆弘
ギュッ
まって、
と、にっしーに、手首を取られた
you
な、何?
にっしーの顔を見ずに、


扉を見ている私をにっしーは、


向きを変えようと、


私の体を回転させた
そして、
西島隆弘
西島隆弘
送っていくよ!😊
と、笑顔で言われた


私は、
you
💭私によく軽々しく話しかけられるよね…
なんて思いながら、


思わず
you
私なんかより、もっと大事な人送ってあげたら?
と、冷たい一言を浴びせてしまった


ハッと、我に返り、


私は、逃げるようにして、


その場を去った






家に着いて、


とりあえず反省ばかり
もう、ほんとにため息と、涙しか出ず、


1人で泣いていた


すると、
\♬•*¨*•.¸¸♪/
と、家のインターホンが
画面を見てみると
you
にっしー…!?
でも、出たくなくて、


そのままにしていた


すると、プツッと切れた
そして、数分後
次は、


\ピンポーン/


と、インターホンがなった
まさかね、なんて思いながら、


ドアを開けると、


そこには、
西島隆弘
西島隆弘
よっ!😁‪w‪w‪w
と、笑顔のにっしーが
you
な、んで…ッ
西島隆弘
西島隆弘
リーダーに開けてもらって…‪w‪w‪w
入ってもいいかな…?
せっかく来てもらったのに


帰らせることが出来なくて、


思わず部屋に入れてしまった
お茶を用意して、


ソファに並んで座った
沈黙を破ったのは、
にっしーだった
西島隆弘
西島隆弘
あのさ…
俺、あなたちゃんに傷つくことしてしまってたら、謝る!!ごめん!!!
と、一言


でも、なんで私が傷ついてるのかは、


全くわかってない様子…
you
もう、いいよ、
顔、上げて?
そう言うと、


申し訳なさそうに顔を上げた


ほんとに、誰でもわかりやすいような、


落ち込んでる顔…
you
💭なんで、にっしーが落ち込むの?
なんて思っていると、
西島隆弘
西島隆弘
その、何をしてしまったか言って欲しい…
と、真剣な顔…
だから私は、
you
なんにもないよ…
ただ私が悪いだけで…
そう、しんちゃんが言ってた通り、


嫉妬だから、


私が完全に悪い…
西島隆弘
西島隆弘
なんで…?
you
……と、とりあえず、私が悪いの!
と、少し慌てて言ってしまった
すると、
西島隆弘
西島隆弘
……そっか、、、
と、言って、
西島隆弘
西島隆弘
……俺、今日は帰るね!
じゃ、また!
と、笑顔で帰っていった
心の中では、


まだモヤモヤ…
you
💭あっさりしてたな…
なんて、思いながら、


私は、お風呂に入り、眠りについた








翌朝、今日は休みで、


何もすることがなくて、


お昼までボケーとして、過ごしていた


そして、お昼は、遅めのお昼(3時)で、


簡単な料理をして食べた


でも、夜ご飯の材料がなかった


だから、私は、午後9時くらいに外に出た



そして、買い物が終わり、


歩いて帰っていると、
目の前には、


見たことあるような姿の人が
you
💭……秀太くん?🤔
そんなことを思いながら、


思いきって、話しかけてみた
you
こ、こんばんわ!
振り返ると、
末吉秀太
末吉秀太
こんばんわ…?
やっぱり秀太くんだった


昨日冷たくされたから


謝りたくて、


私は、謝った
you
あ、あの、昨日は、ごめんなさい…
末吉秀太
末吉秀太
ん?なんで?
you
だって、昨日冷たくされたから…
私なにかしちゃったのかなって…
そう言うと、
末吉秀太
末吉秀太
……あー、それは、違うよ‪w‪w
ゲームで負けて悔しくって、多分当たってしまった‪w‪w‪w‪w
ごめん、ごめん‪w‪w‪w
と、少し引きつった笑顔を見せた
you
……今日は、ライブ終わり?
末吉秀太
末吉秀太
そうそう!
you
歩いて帰って大丈夫なの?
末吉秀太
末吉秀太
いやー、ちょっとたかじろが…ね‪w‪w‪w
たかじろ…


にっしーと、しんちゃん?
you
が、どうしたの?
末吉秀太
末吉秀太
なんか喧嘩?してるっぽくて、
いつもは、マネに送って貰うんだけど、
あまりにも気まずすぎて、俺と、リーダーは、歩いて帰ってるの‪w‪w‪w‪w
まぁ、仲直りしてたけど
you
……そうなの?
でも家こっち方向?
末吉秀太
末吉秀太
いや、ちょっとリーダーの家に忘れ物して‪w‪w‪w‪w
今から取りに行こうかなって
you
遠くないの?
末吉秀太
末吉秀太
俺ん家すぐそこだよ?
まぁ、すぐって言える程じゃねーけど‪w‪w‪w
聞いてみると、


私たちのマンションから


1キロもなかった
you
意外と近いんだね!‪w‪w‪w
そして、盛り上がっていた時に、
プップー🚐📯
と、車のクラクションが
振り返ってみると、


窓から顔を出してる


たかじろが…
與真司郎
與真司郎
あなたちゃーん!!
西島隆弘
西島隆弘
お、秀太もいんじゃん!
與真司郎
與真司郎
乗って行ってええで?
西島隆弘
西島隆弘
ほんとに!
ねー、宇野ちゃん!
you
……宇野ちゃん((ボソ
you
💭宇野ちゃんがなんで?
なんでまたにっしーと、いるの?
やっぱり私なんか…好きじゃなかった…?
そう思っていると、
與真司郎
與真司郎
あなたちゃん!!
と、目の前には、しんちゃんと
西島隆弘
西島隆弘
ほら、行こ!
にっしーが…
その後ろには、
宇野実彩子
宇野実彩子
ほら、乗っていきな!
宇野ちゃんが…
末吉秀太
末吉秀太
どうやって、あの気まづい感じから戻したと!?
宇野実彩子
宇野実彩子
んー、無理やり?‪w‪w‪w
末吉秀太
末吉秀太
さすが宇野‪w‪w‪w
俺、お前のこと尊敬するわ‪w‪w‪w
宇野実彩子
宇野実彩子
絶対思ってないよね?‪w‪w‪w
末吉秀太
末吉秀太
思ってる思ってる‪w‪w‪w
與真司郎
與真司郎
ごめんな、迷惑かけて
西島隆弘
西島隆弘
ほんとにごめん
宇野ちゃんがめっちゃ怒ってさ‪w‪w‪w
もう、仲直りしなくては行けない状況で‪w‪w‪w‪w
宇野実彩子
宇野実彩子
何それ!?
私、めっちゃいいことしたのに、悪いみたいな言い方!
西島隆弘
西島隆弘
いやいや、そんなこと言ってないって!‪w‪w‪w‪w
宇野実彩子
宇野実彩子
言ったじゃん!!
もう怒った!!
與真司郎
與真司郎
次は、2人で喧嘩!?
やめろや!‪w‪w‪w‪w
西島隆弘
西島隆弘
俺は、宇野ちゃんと喧嘩したくないって‪w‪w‪w‪w
宇野実彩子
宇野実彩子
嘘だ!‪w‪w‪w‪w
また、始まった


2人だけの世界…


その世界に私はいない…
you
💭もう、帰ろ…
そう思い、


1人で歩いて、家に向かった



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長くなるのでここまで!!


♡と☆お願いします!!!