第5話

水族館🐬
あなたside






ヒールで来てしまったけど、


何とか持ちこたえている足


でも少し痛む…😣
その時に
西島隆弘
西島隆弘
そろそろお昼ご飯にしようか!
you
う、うん!
そして、ご飯を食べた
西島隆弘
西島隆弘
あなたちゃん?
you
うん?
西島隆弘
西島隆弘
俺の事さ、西島さんじゃなくて、もっと親近感のある名前で呼んで欲しいな?
you
た、例えば?
西島隆弘
西島隆弘
メンバーからは、にっしーって呼ばれてるよ?
you
じゃ、にっしーって呼ぶ!😄
西島隆弘
西島隆弘
うん!ごめん、めっちゃわがままだよね‪w‪w‪w
you
ううん、嬉しいよ!
西島隆弘
西島隆弘
そっか!なら良かった!
you
うん!





食べ終わり
西島隆弘
西島隆弘
そろそろ行こっか!
you
う、うん!
💭まだ我慢できるよね…?





2時間後
西島隆弘
西島隆弘
そろそろ別のところ行く?
you
うん!
西島隆弘
西島隆弘
はい、車乗って?
you
ありがとう!
なんとか頑張って


歩いたけど、痛い…


だけど今更迷惑なんてかけれないから…
なんて思ってたら、
西島隆弘
西島隆弘
はい、着いたよ!
you
ここどこの駐車場?
そう、連れてこられたのは、


駐車場🅿️
西島隆弘
西島隆弘
少し、ほんとに少しだけ歩くよ!
you
うん…
そして着いたところは
you
靴屋…?
西島隆弘
西島隆弘
足、痛いんでしょ?
you
え?なんでそれを…!?
西島隆弘
西島隆弘
ごめんね、早く気づかなくて…
水族館出た後にヒールできてること気づいて…
you
私こそ、ごめんなさい!
スニーカーで来ればよかった…
西島隆弘
西島隆弘
ううん、似合ってるし、いいと思うよ?
you
ッ////////
西島隆弘
西島隆弘
なぁに?照れてる?‪w‪w‪w
なんて言ってきて、


俯いた顔を覗いてくるにっしー…
you
もう、見ないで!////
西島隆弘
西島隆弘
あはははっ‪w‪w‪w‪w
西島隆弘
西島隆弘
よし、入ろっか!
you
うん!
そして店の中に入ると


もう見てわかるくらい


高そうな靴ばかり…
you
うわぁ…
と、心の中で言ったつもりが


声に出てたみたいで
西島隆弘
西島隆弘
声に出てるよ!‪w‪w‪w‪w
とぼそっと教えてくれた。
そして、にっしーが
西島隆弘
西島隆弘
あ、俺、ちょっと近くの店に行っていてもいい?
you
う、うん?
西島隆弘
西島隆弘
靴、選んでてね!
you
わかった!
そう言うと、


にっしーは、走ってコンビニの方に行った
その間に裸足でも履けるような


靴を見ていた
すると定員さんが
👩🏻)いらっしゃませ
靴、一緒に探しましょうか?
と、言ってきた


だから私は
you
はい!すみません、 
お願いしますm(*_ _)m
と定員さんに頼んだ
👩🏻)今日は、どういった靴をお探しでしょうか?
you
靴ズレをしてしまって…
you
このファッションに合う靴なら…
👩🏻)かしこまりました
そう言って定員さんが持ってきた靴は
スニーカーのような


裸足のまま履けるサンダル、
you
あ、それにします!
ちょうど決めた頃に
西島隆弘
西島隆弘
ハアハア…おまたせ!‪w‪w
吐息を切らして戻ってきた


手にはセブンのビニール袋
👩🏻)お会計は、4800円です
you
はい…
💭意外と高い!
なん思っていたら、
西島隆弘
西島隆弘
あ、カードでお願いします
とにっしーがカードを出してくれた
you
え!?にっしーいいよ、これ私の靴だし…
西島隆弘
西島隆弘
いいって、お願いします(*' ')*, ,)
👩🏻)はい、かしこまりました!
そして、にっしーに払ってもらった…
you
ほんとにごめんなさい!
私のなのに…
西島隆弘
西島隆弘
ううん、気づかなかった俺も悪いし!
プレゼントってことにしておいて!ね?
you
うん!
靴の支払いが終わると
西島隆弘
西島隆弘
すみません、そこの椅子借りてもいいですか?
なんて言うにっしー
you
どうしたの?
って聞いたら
西島隆弘
西島隆弘
いいから、はい、座って!
you
う、うん?
そしたら、私の前に座って


セブンの袋をあさりまくる
そして、消毒液と綿棒と絆創膏を出した
you
え!?わ、私のために、セブンまで…!?
西島隆弘
西島隆弘
まぁ…ね、
まぁ…ね、なんて言いながら


綿棒に消毒液を垂らし
西島隆弘
西島隆弘
ちょっと染みるよ?
you
(。'-')(。._.)
you
ッ!!
やっぱり、消毒をされた時は痛くて


まぁ、店の中だから、声を殺して


我慢してたんだけど、
それを見たにっしーは、
西島隆弘
西島隆弘
痛いよね、あと少し…
と、私のことを励ましてくれた
そして、
西島隆弘
西島隆弘
よし、消毒終わり!
西島隆弘
西島隆弘
最後、絆創膏ね、
と言って


絆創膏を貼ってくれた
西島隆弘
西島隆弘
よし!終わり!
you
あの、ほんとにありがとう!
西島隆弘
西島隆弘
ううん、靴合う?
西島隆弘
西島隆弘
痛くない?
と心配してくるにっしー、


靴を履いて立ってみると
you
わぁ!軽い!
西島隆弘
西島隆弘
そう?傷のところは?
you
痛くない!
西島隆弘
西島隆弘
そっか!良かった!
やっぱり、約5000円する



サンダル…



履き心地も、サイズ感も全てフィット
西島隆弘
西島隆弘
よし!じゃ行こうか!
you
うん!
そして、私たちは、


定員さんに頭を下げて店を出た







西島side




なんか、あなたちゃん、さっきから


明らかにおかしい…
いつもよりテンションが低いっていうか、


なにか隠してる感じが…
そして、よく見てみると
西島隆弘
西島隆弘
💭ヒール…!?
ヒールできてることなんか気にせずに


俺は、楽しんでいた


足を見ると、少し赤くなってて、


多分血が出てる…


とりあえず、少しでも彼女に楽になって欲しいと


急いで車を出し


近くの靴屋に行った
彼女が靴を選んでいるうちに


俺は、急いで近くにあったセブンに行って


消毒液と綿棒と絆創膏を買った


靴屋に戻ると


彼女に合った可愛い靴を選んでいて


俺が払った
そしたら、
you
ほんとにごめんなさい!
私のなのに…
と、ずっと謝ってきた 


だから、俺は、少しカッコつけたくて、
西島隆弘
西島隆弘
ううん、気づかなかった俺も悪いし!
プレゼントってことにしておいて!
ね?
そう言うと、喜んで
you
うん!
と言ってくれた
それから店の椅子を借りて、


靴ズレしたところの応急処置
消毒をすると
you
ッ!!!
顔でわかる、


痛そう…


だから、俺は、
西島隆弘
西島隆弘
痛いよね、あと少し…
と彼女を励ましながら、


処置をした
処置をし終わって、


靴の履き心地を聞くと、
you
わぁ!軽い!
と、少し子供のような感じで


可愛らしかった
西島隆弘
西島隆弘
そう?傷のところは?
you
痛くない!
西島隆弘
西島隆弘
そっか!良かった!
そして、俺と彼女は、店を出た


次行く所は、


きっと彼女が喜んでくれると思って


ソワソワしながら、車を出した
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


次回は、どこに行くんでしょ🙄


最近あげるペース遅くてごめんなさい!


♡と、☆お願いします!!