無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,157
2021/04/05

第5話

ー 4話&設定 ー
you
you
あ、結局 服買うの忘れてた……
うわ、最悪……もうこれも全部
あの自称ヒーロー達のせいだ←ヤツアタリ
you
you
拘束されてたからベトベトだし……
早くお風呂入って寝るか
・・・・・・・・ここで夢主設定・・・・・・・・

前世

名前『佐々木あなた』

年齢『高3』

頭脳『偏差値77の高校の生徒だったため、すごく頭がいい。毎回学年3位には入っていた。カリスマ性もあり、生徒会長をやっていた。』

容姿『茶髪(地毛)のロングヘア』
『身長→163cm、体重→49kg(モデル体型)』
『めっちゃ美人』

性格『生徒会長であるため主張は強め。意見ははっきりいうタイプ。サバサバしてる。素直で優しい』


今世

名前『天色(アマイロ)あなた』

個性『ウェザーオペレーション(天候操作)』
・太陽(火)、雨(水)、雪(氷)、風、雷など
天候を操作できる。
・強度も操作でき 強度が
上がれば攻撃力がアップする。
・雨は穏やかにすると治癒力もある。
↓↓↓↓↓
チート

年齢『中3(受験生)』

頭脳『偏差値77の高3だったので偏差値79の雄英の受験は少し復習すれば余裕。』

容姿『黒髪ロングに紺のメッシュが入ってる。目は黄金色。顔立ち、体型は前世と全く同じ。アホ毛がコンプレックス』

性格『前世と同じ』

出身校(中学校)『珂神中学校←オリジナル』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
you
you
あーーー疲れたァァ
私はお風呂に上がって髪を拭きながら
リビングのソファに座る
you
you
あ、保険証見るの忘れてた
you
you
えーっと?私の名前は天色あなた。ほうほう出身校はここね。個性?あ、こーゆーことか。くっそー もっと良い使い方すれば良かったな
まぁ あんな状況だったし仕方ないか
にしても個性、天候操作って……
you
you
地球温暖化どうすんだよ…
あ、今 ツッコむとこ そこ?って思った?
思ったよね。


でも心配じゃん?温暖化問題
できるだけ太陽は使わないようにしないと







というか……
you
you
おーなーかーすーいーたぁ!!!
待てよ…?もしかしたら炊飯器を開けたら 白米が炊けて……



パカッ







なかった……
you
you
まぁ当たり前か
you
you
えー、せめて冷蔵庫とかに なんか入ってないのかな
パカッ
you
you
あ、色々入ってる
じゃがいも、人参、牛肉………
you
you
よし、肉じゃが作ろ
調味料は……あった


you
you
美味しかった…私、流石すぎじゃない?
you
you
ん、もう10時?……寝よ
ゆーっくり歯磨きをして私はベッドに潜り込んだ


ピピピ
you
you
…もう7時……?
you
you
ん、ふぁあ……眠
you
you
………………
you
you
あーダメだ。今日は服買いに行くんだった
起きないとーーーー。
私はムクッと体を起こし、目覚ましを止める
you
you
にしてもさぁ……このアホ毛なに??
you
you
寝癖って訳でもないみたいだし、水に濡らしても直らないし……
ふざけんなマジで
絵に書いたようなアホ毛じゃないか
諦めて着替えるか…
you
you
ワックス付けても直らんアホ毛ってなに??
そんなん聞いたことないぞ??
生命力強すぎん?
you
you
はぁ…仕方ない。行くか
待てよ。私 お金持ってない

あ、そういえば通帳があったような…
そう思い私はバッと通帳をめくる
you
you
は……?
数えられないくらい0が並んでいる

一、十、百、千、万……
you
you
1兆……?!!!
まじかよ。一生遊べるじゃん……

神の力ってすげぇ。
you
you
今回は必需品買うだけだし……
20万くらい銀行から下ろしてくるか……
20万も中々の大金……
you
you
財布に入れれば大丈夫か
あ、財布もないんだった
you
you
……よし。とりあえず銀行行こ




ATM「ご利用ありがとうございました。」
you
you
うぉ…これが20万の厚み…………
封筒持ってきてて良かった

このままで持ってたら敵に襲われるしね


よし!では本命のイオ○モールへ!





you
you
あれ……?ここどこ
くっそ都会め……!!!

Goog○eさんに聞いても
目的地に着かないんだけど!
you
you
ビルばっかだし……建物高すぎて
何がどこにあるか分かんないし
誰か助けてくれぇぇぇぇぇぇぇ!!!
この際誰でもいいっ!敵でもいいからぁっ!
そう心の中で叫びながら適当に角を曲がる
ドンッ
you
you
わっ……
轟焦凍
轟焦凍
……わりぃ
you
you
いえ、こちらこそすいませ─────
なんだこのイケメンは。


バッと顔を向けると
なんとまぁ美形な紅白頭の
男の子が立っているではないか。
轟焦凍
轟焦凍
?……俺の顔になんか付いてるか?
やば、見すぎた……
you
you
い、いえ!なんも!
あ、この人ならイオ○モールの場所知ってるかも。
you
you
あ、あのすいません。ここから近いデパートってどこですかね?
轟焦凍
轟焦凍
あぁ俺もちょうど そこに行くつもりだ。
一緒に行くか?
え、ま、マジすか。
こんなイケメンの隣に歩いていいの??

え?え?え?えぇ??
やめとけ私!それはおこがましいにも程があるぞ!

だがしかし!デパートの位置が分からなければ
買い物ができない!!
you
you
じゃ、じゃあ……お願いします……
轟焦凍
轟焦凍
おう