無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,063
2021/04/06

第7話

ー 6話 ー
轟焦凍
轟焦凍
まずは…服屋行くか
you
you
いや轟君の買いたいものからでいいよ?
轟焦凍
轟焦凍
…… いいのか?
you
you
うん、私は長くなりそうだから
轟焦凍
轟焦凍
じゃあそうさせてもらう
you
you
文房具は…えーっと、2階?かな
you
you
行こ〜
轟焦凍
轟焦凍
おう


轟焦凍
轟焦凍
あなたはシャー芯 何使ってんだ?
you
you
私はぺん○るのAi○かな。
折れにくいから使いやすい!
轟焦凍
轟焦凍
じゃあこれにするか
そう言い轟君は0.5mmのシャー芯を手に取る
you
you
あ、0.5派なんだ!私もなんだよねー!
轟焦凍
轟焦凍
そうなのか?
you
you
うん!0.3だとすぐ折れちゃう
轟焦凍
轟焦凍
あぁ、俺もだ。筆圧が濃いんだろな
you
you
かもね!
轟焦凍
轟焦凍
じゃあ買ってくる
you
you
了解!
私は店の前で待ってるよ
轟焦凍
轟焦凍
わかった


you
you
(遅いな轟君…レジ並んでるのかな)
女の人
女の人
あ、あの…っ!
ほんとに困ります!
モブ
モブ
いいじゃん〜!
ちょっとだけだって!
ん?なにあれ…ナンパか?
ただの喧嘩なのかな
女の人
女の人
やめてください…!
離してくださいっ!
いや明らか喧嘩じゃないな
you
you
離してあげてください
モブ
モブ
あ〜?部外者は引っ込んで────
モブ
モブ
(お…めっちゃ美人じゃん!)
なになに〜?お姉ちゃんも一緒に遊びたいの?
モブ
モブ
一緒に行こっか!
you
you
意味が分かりません。
その子の腕 離してください
モブ
モブ
そんなこと言っちゃってぇ!
お姉ちゃんも遊びたいんでしょ!
you
you
あ!UFO!!
モブ
モブ
は?
私は男達が上を見ている隙にグイッッと女の子を自分の元へ引っ張る
女の人
女の人
あっ…
you
you
大丈夫ですか?
怪我とかされてませんか?
女の人
女の人
は、はいっ!ありがとうございます!
you
you
いえいえ
行ってください
女の人
女の人
でも…あなたが……
you
you
大丈夫ですよ!
私 これでもヒーロー志望なんで!!
女の人
女の人
じゃ、じゃあ……ほんとにありがとうございました!この恩はいつか必ず!
you
you
そんなのいいのに…
では気をつけて帰ってくださいね〜
女性はペコペコ頭を下げながら去っていった
モブ
モブ
あーぁ、逃がしちゃった。
まぁいっか!君がいてくれるんだし
モブ
モブ
わざわざ自分を生贄にしちゃって〜
モブ
モブ
ほら!早く行こー
you
you
分かりました。では1つお伺いしますが
you
you
私を本気で楽しませる自信があるならついて行きましょう
you
you
その自信があなた達にあると?
モブ
モブ
も、もちろん!
俺らなりに楽しませてあげるよー!
you
you
「俺らなり」……?
you
you
それってダメだったときの保証ですよね?
モブ
モブ
へ?
you
you
しかもなんです?その服
you
you
闇市で買ったぐらいのレベルですけど
you
you
ほらそっちの人も。
虫の卵みたいな柄の服着ちゃってさぁ
you
you
声かけるのは身なり整えてからにしてくださいます??
モブ
モブ
な、なんだこの女!
モブ
モブ
こ、ここんなブス……こっちから願い下げだ!
モブ
モブ
おい帰ろうぜ!
you
you
はいはい、バイバイ。
ブス専さーん
はぁ。変な体力使っちゃったなー
轟焦凍
轟焦凍
……あなた
you
you
あれ、轟君!
買い終わったの?
轟焦凍
轟焦凍
あぁ
you
you
じゃあ次行っていーい?
服屋って何階か知ってる?
轟焦凍
轟焦凍
確か3階だった気がする
you
you
もういっこ上の階か
you
you
運動しよう!階段でいこー!
轟焦凍
轟焦凍
エスカレーターを階段に変えただけじゃ運動できねぇと思うが…
you
you
いやいや!運動してると思えばしてるんだよ!
気分だよ気分!
轟焦凍
轟焦凍
そうか気分か
you
you
そう気分!
私の無理やりすぎる言い分を聞いてくれる轟君と階段に登った
ー 轟said ー
轟焦凍
轟焦凍
(あなた…こいつは息をするように人を助ける)
さっきだってそうだ。

女の人が男に絡まれていた時だって
いち早く駆けつけ厳しい口で撃退していた
轟焦凍
轟焦凍
(あの時は俺が助けようとしたんだが…)
その必要はなかったらしい
ほら見ろ。今だって……
女の子
女の子
お母さぁーん!早く早く!
女性
女性
こら!階段で走っちゃだめよ!
転けちゃうでしょ〜?
女の子
女の子
大丈夫だもん!……あっ
you
you
わっ……大丈夫?
女性
女性
ほら言ったでしょ?!
すいません!ありがとうございました!!
女性
女性
お姉さんに「ありがとう」は?
女の子
女の子
あ、ありがとうお姉ちゃん…
you
you
ううん!無事で良かったよ!
私も急に引っ張っちゃってごめんね?
女の子
女の子
全然!ありがとう!
you
you
じゃあ次からはお母さんの言葉よく聞いて気をつけてね?怪我しちゃうよ?
女の子
女の子
わかった!
女性
女性
じゃあ本当にありがとうございました!
女の子
女の子
お姉ちゃんバイバーイ!
you
you
うん、ばいばーい
……見たか今の

普通助けたやつが「急に引っ張ってごめんね?」って言うか?


すげぇ謙虚。そこがあなたの良い所なんだろうな
you
you
あ、ここ見てもいいー?
轟焦凍
轟焦凍
…おう
you
you
え、この服かわいい…
you
you
あ、これも!
you
you
あー、これもいい……迷うなぁ
俺はいねぇ方がいいのか?
轟焦凍
轟焦凍
あなた、俺は店の前で待っとくぞ
you
you
え、あ、ごめん…疲れちゃった?
ほんとごめん!早く終わらすから!
轟焦凍
轟焦凍
え、いや そういう意味じゃなくて
俺 いねぇ方が選びやすいだろ?
you
you
そんなことないよ?!
轟君といると楽しいし!
轟焦凍
轟焦凍
…そうか?
you
you
うん!
you
you
あっ、ねぇねぇ轟君
you
you
こっちの色とこっちの色 
どっちがいいと思う?
轟焦凍
轟焦凍
あなたは…こっちだと思う
you
you
あ、やっぱり?
いいよね この色
you
you
じゃあこっちにしよーっと
…わざわざ俺に退屈させないように会話をしてくれるあなたはかなりのお人好しだろう
you
you
あ!見て見て轟君!
変なぬいぐるみ!
轟焦凍
轟焦凍
…あなたに似てる
you
you
え”
轟焦凍
轟焦凍
ははっ……冗談だ
you
you
だよね?!良かったぁ…!!
あと…一緒にいてすげぇ楽しい


ー 轟said 終 ー
あ!「ni○o and…」だ!!
この世界にもあるんだ…!
you
you
轟君ー!
この店も見ていい??
轟焦凍
轟焦凍
おう
私の我儘に嫌な顔ひとつせずに
付き合ってくれる轟君。
確かに推せるな……友達の言うことも分かる
you
you
あ、財布買いたいんだった
轟焦凍
轟焦凍
財布?持ってなかったのか?
you
you
あー…前使ってた財布 もうボロボロになっちゃってさ〜
轟焦凍
轟焦凍
これとかどうだ?
轟君が私に差し出した財布はめっちゃオシャレだった。え、センスも良いって…非の打ち所がない!
you
you
え、めっちゃかわいい。
いいね!これにするー!
轟焦凍
轟焦凍
?…いいのか?
俺の意見だぞ?
you
you
え、めっちゃ良いじゃん!
私が気に入ったからいいんだよ
you
you
探してくれてありがとね
轟焦凍
轟焦凍
…あぁ


you
you
ふぅ…買った買った!
でも残金あと10万くらいあるな…
you
you
あ、ごめんね轟君…荷物持たせちゃって
轟焦凍
轟焦凍

こういう重いもんは男が持つもんだろ?
なんだ その考えは!!
イケメンだ!イケメンすぎだよ轟君んん!
轟焦凍
轟焦凍
というかあなたが持ってる荷物も持つって言ってるだろ?
you
you
いやいや!流石に全部は持たせらんないよ!
轟焦凍
轟焦凍
そうか?
you
you
うん、ありがとう!
そういえば、今何時だろ?

私は腕時計で時間を見る
you
you
え、もう19時??
あばばばばば

轟君に悪いことしちゃったな!!!
you
you
ごごごごめんんん!!
私が付き合わせたからぁあ!!
轟焦凍
轟焦凍
そんな謝ることでもねぇだろ
俺も楽しかったしな
you
you
え、ほんと?なら良いんだけど……
なんて良い人なんだ轟君…!
轟焦凍
轟焦凍
逆にあなたの親は心配してねぇか?
門限あるんじゃねぇのか?
you
you
あ、私 親いないから大丈夫ー!
轟焦凍
轟焦凍
………悪ぃ…
you
you
え、いやいやいやいや!!
全然大丈夫だって!そんなあからさまに暗くなんないでよ?!!
轟焦凍
轟焦凍
でも……
you
you
あ……じゃあ今日 夜ご飯一緒に食べに行ってくれない?それだけで十分!
轟焦凍
轟焦凍
え、そんなんでいいのか?
轟焦凍
轟焦凍
俺しか得しねぇぞ
え、得してくれるの?
you
you
なら全然いい!!行こ行こ!
轟焦凍
轟焦凍
…分かった