無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🍑












()
な
な
~♪






鼻歌を歌いながらメイクをする僕の彼女

珍しい。





な
な
やば、着替えなきゃ







と言って部屋を出てから3分ちょっとで戻ってきた彼女

普段はレストラン行く時くらいにしか着ない

落ち着いた色のワンピース、少し大きめのピアス、お気に入りの指輪

全て身につけている。





じぇ
じぇ
(珍しい...)




今日なんかあったっけ?

僕が忘れてるだけ?

え?


じぇ
じぇ
ね、ねぇあなた。
じぇ
じぇ
今日って何の日?


怒られる覚悟で聞いてみた

僕の記憶が正しければ今日はただの土曜日なはず!

な
な
え、?今日?土曜日、ただの


だよね、そうだよね

じゃあなんでそんな格好を?

じぇ
じぇ
どっk
な
な
あ、ごめん遅れるから行くね!10時前くらいには帰ってくるから
じぇ
じぇ
う、うん。いってらっしゃ~い




き、気になる~...