無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🍑










()
じぇ
じぇ
はぁ、寝よっかな




あなたからの連絡もないs


(ブーッブーッブーッ)





じぇ
じぇ
電話?



誰だろうと思いながら携帯の画面を見た

そこには

  













         "あなた"


















そう表示されていた









じぇ
じぇ
え?
じぇ
じぇ
うぉぉぉぉぉ?!え?!え!なんで?え?!
じぇ
じぇ
え!なn
へ
へ
ひょん、うるさい〜
じぇ
じぇ
ちょ、ストップ



部屋に入ってきたヘチャニを抑え

電話に出た