無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

32
[あなたの部屋]
執事
こちらです
終わりましたらお声掛けください
テテ
テテ
分かりました
あなたの部屋は余分なものが何1つなくいい意味で言ったら綺麗な部屋だった
けれど悪い意味で言ったらどこか寂しい部屋だ
テテ
テテ
とりあえずあなたをベットの上に寝かせよう
グク
グク
うん
あなた

💤💤💤

グク
グク
本当によく寝てますね
テテ
テテ
今まで相当な疲れがたまってたんだろ
グクのことですごく悩んでたしな
グク
グク
そうなんですか・・・
でも、もう仲直り?喧嘩はしてませんけどしたんでよかったです
テテ
テテ
そっか
俺とテヒョニヒョンで話をしてたらあなたが寝言で涙を流しながら
あなた

・・て・・やめてよ・・・お父さん・・お母さん・・・

俺はあなたの涙を拭いた
あなたの闇がどれだけ深いのかは俺にはわからないけど少しでも俺が力になってあなたを助けたいとそう強く思ったんだ
きっとテヒョニヒョンも俺と同じ気持ちだと思うんだ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る