無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

8
あなた

えっ?

グク
グク
家に帰りたくないのって
あんなに大きい家に一人で寂しいからだろ?
親が忙しくてなかなか帰ってこれないから
グク
グク
だから俺の家に来な
あなた

いいの?(家に帰りたくない理由はちょっと違うけど今日くらいグクに頼ってもいいよね)

グク
グク
おう
じゃあ行くか
てことで先生、俺も早退しまーす
先生
あなたちゃんをよろしく頼むわね
グク
グク
はい
起きれるか?
あなた

うん(起き上がった瞬間クラッとする)

グク
グク
あぶねっ(あなたを支える)
あなた

はぁーはぁー

グク
グク
乗って(あなたをおんぶする)
あなた

自分で歩けるから下ろして(さっきのお姫様抱っこより下手したら恥ずかしいよ)

グク
グク
フラフラなくせによく言うよ
先生さよーなら
先生
あなたちゃんの看病頼んだわよ
グク
グク
はーい
[帰り道]
グク
グク
お前さっきから思ってたけど軽すぎな
ちゃんとご飯たべてんのかよ
あなた

た、たべてる

グク
グク
それならいいけど
あなた

ねぇ、グク

グク
グク
ん?
あなた

ありがとね・・・

グク
グク
おう
そーえばさ
あなた

💤💤💤

グク
グク
寝たのかよ笑
俺はあなたをおぶったまま自分の家に帰って行った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る