無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

26
あなた

ていうことがあったんだ笑笑

グク
グク
無理して笑うな
辛かったな
そう言ってグクは私を抱きしめた
あなた

ウウッグズッグズッ

あなた

だからっ私を助けるなんて言わないでっ
お願いだから
また、あんな思いしたくないのっ
グクにまで嫌われたらわたしっ・・・

グク
グク
大丈夫
俺はあなたを嫌いになったりなんて絶対にしないよ
グク
グク
けど、あなたのこと助けないっていうのは無理かな
あなた

なんでっ

グク
グク
俺にとってあなたは大切な人だから
見過ごせない
あなた

でもっ・・・

グク
グク
あなたを助ける方法があるから
あなた

なにっ?

グク
グク
今さ、ヒョン達とシェアハウスするかっていう話をしてるんだ
あなたは女の子一人だし、親がダメっていうかなと思って言わなかったけどさ
今のあなたの話聞いてたらとてもあなたを家に返すのは怖い
だから俺たちと一緒に住まない?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る