プリ小説

第30話

24
[教室]休み時間
グクは音楽を聴いていた
あなた

(よし)

あなた

ねぇ、グク

グク
グク
ん?(あなたから話しかけてくれた!)
あなた

部活の前に話したいことがあるからいい?

グク
グク
いいよ(ひょっとしてもう私と関わらないでとか言われたりするのかな・・・
考えすぎか)
[放課後]
私はあらかじめテテに今日の部活グクと私は遅れるって言っておいた
グク
グク
あなた、話って何?
あなた

ごめんなさい!

グク
グク
へっ?
あなた

私・・・グクにひどいこと言った

グク
グク
そんなことないよ
あなた

俺が助けるって言ってくれた時すごく嬉しかったっ
グクが言ってたとうり私は親に虐待されてるの
けどグクは私にとって大切な友達だからっ
何もしないで・・・
お願いっ


グク
グク
は?
あなた

今からする私の過去の話きいてくれる?

グク
グク
うん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします