無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

36
私はちょっとうかれながら家の中に入った
あなた

ただいま帰りました

しーん
お母さん
あら、もう帰ってきたのね
お父さん
ただいまぐらい言ったらどうなのか
何で挨拶1つもろくに出来ないのか!
ほんと情けない子だ
あなた

ちゃんと言ったのに・・・(ボソッ)

でも、ここまではいつもどうり
お父さん
なんか言ったか?
あなた

いいえ
何も言ってません

お父さん
そうか
あなた

それより見てください
今回の定期考査で全て100点を取りました
(テストを見せる)

お母さん
全部100点
お父さん
ほぉー
これでやっと褒めてもらえるそう思ってた


けど
お父さん
そんなの当たり前だ
お母さん
1つでも満点ではない教科があったらそれはこの家の恥よ
あなた

えっ・・・
次全部100点取ったら褒めてあげるわって言ってたじゃないですか・・・

お母さん
褒める?
これのどこに褒める要素があるっていうの
お父さん
当たり前のことをしただけだろ 
お母さん
このテストもういらないわよね
そう言って
ビリッ
パラパラ
私のテストは私の目の前でバラバラにされた
私の頑張った証なのに・・・
私の心の中で何かが壊れた気がした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る