プリ小説

第61話

46
あなた

・・・んんっ(目がさめる)

あなた

私、確かグクに抱きしめられながら泣いて・・・
寝ちゃったんだ

私はとりあえずリビングに向かった
すると、みんないてびっくりした
ガチャ
BTS
BTS
!?
テテ
テテ
あなた!(勢いよくあなたに抱きつく)
あなた

グェ

グク
グク
よく眠れた?
あなた

うん
おかげさまで

ホソク
ホソク
本当に心配したんだよ
ナムジュン
ナムジュン
あなたが無事でよかったよ
ジン
ジン
傷、手当するからおいで
あなた

うん

ジンオッパのところに行こうとしたら、テテがなかなか行かせてくれない
ユンギ
ユンギ
おいテヒョン
あなたを離せ
手当てできないだろ
テテ
テテ
はーい
ジミン
ジミン
あなた、これからは辛いことがあったら俺たちになんでも言ってよ
相談に乗るから!
あなた

ジミン・・・っ😭😭😭

みんなに心配してもらってすごく嬉しくて泣けてくる


みんなといるといろんな感情がうずまくんだ
テテ
テテ
ジミナがあなたを泣かせたー
ジミン
ジミン
ええっ僕そんなに変なこと言った?
あなた

違うのっ嬉しくて・・・

泣いてるとユンギオッパが
ユンギ
ユンギ
今までよく頑張ったな
って
私はユンギオッパに抱きついた
オッパは優しく抱きしめてくれた
グクもおんなじこと言ってくれたななんて思いながら

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします