プリ小説

第50話

39
あなた

離してグク・・・
離してよ!!

グク
グク
離さない!
あなた

こいつらが悪いんだよ
全部全部!
もうこれで終わりにするんだ!何もかも!
そして私も死ぬの!

グク
グク
そんな事させない!絶対
俺は握っている包丁の刃に力が余計に入ってしまい血がポタポタと落ちる
グク
グク
目を覚ませあなた!
両親を殺しても何もいいことなんて無いぞ!
あなた

じゃあどーしろっていうのよ!

グク
グク
それは自分で考えるんだ
答えが1つじゃ無いからな
あなたが優しい子っていうのは俺が一番分かってるから
きっといい方法が見つかるよ!
お願いだからこんなことだけはやめて
みんなが悲しむよ
あなた

私が死んだって悲しむ人なんてだらもいないもん!

グク
グク
俺が悲しむ
俺はあなたを失うのが怖いんだ
するとあなたの握っていた包丁の力が抜けた
あなた

なんでそんな風に思ってくれるのよ・・・

お父さん
私達は何を見せられているんだね
お母さん
ほんとよ   

私はようやく正気を取り戻した
あなた

グクっ
血が・・・

グク
グク
このくらいなんとも無いよ
あなた

(私がグクのことを傷つけてしまった・・・
私の大切な人なのに
好きな人なのに・・・)

お母さん
ほら見て見なさい
あんたがいることでみんなが不幸になったでしょ
あなた

っっ・・・

くやしい
なんでそんなこと言われなきゃいけないの
反論したいのに出来ない


















だってお母さんたちの言う通りだったから・・・

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします