無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第58話

44
グク
グク
何があったのか話してくれる?
俺はあなたをそっと抱きしめながら言った
あなた

・・・うん

あなた

実は・・・
グクとお別れしたあと、すぐにお母さんとお父さんにテストのことを話したの
やっと褒めてもらえる
そう思ってたのに・・・っっ

あなた

全部100点取るのなんて当たり前じゃないって・・・
逆にそんなことで私たちが褒めるとでも?って言われたの・・・
それだけならまだ許せる
けど・・・

あなた

お母さんたちはその私のテストを私の目の前でビリビリに破ったの・・・
私の頑張った証を一瞬で粉々にされて
どん底に落ちた気分だった

グク
グク
うん・・・
あなた

そしたら今まで我慢してたのにもう出来なくなって
言っちゃったの・・・
なんでいつも褒めてくれないの?って
そしたらなんて答えたと思う

あなたの声は震えていた
そして、涙を流しながら言ったんだ
あなた

私が存在が邪魔なんだってさ
この世に存在しているのが・・・
ほんと笑っちゃうよね
お母さんとお父さんに恥をかかせないように
生徒会長もしたし、テストでの学年順位もいつも一位を取るように頑張ってたのに・・・
そんなこと言われたらね笑笑

あなた

もう、何もかもが嫌になってあんなことしたの

あなた

もう、どーしたらいいかわかんなくなっちゃった笑笑 グズっグズッ

俺はあなたをさらに強く抱きしめた
こんなにもいつも優しいあなたが弱ってることなんてなかったから
グク
グク
辛かったね
今までよく頑張ったね
我慢しなくていいよ
思いっきり泣きな
そう言うとあなたはプツンと何かが切れたように泣いた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る