無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第70話

50
あなた

おまたせー!

グク
グク
よし、行くか
あなた

うん!

[ショッピングセンター]
あなた

ねえ、グク
あれ美味しそう!

グク
グク
ほんとだ
行く?
あなた

行く!

あなたが美味しそうだって言ったお店は、パンケーキ屋さん
店員
お待たせしました
あなた

いい匂い!

グク
グク
食べよ!
あなた

いただきます

グク
グク
いただきます
あなた

美味しい!

グク
グク
(食べてる姿むっちゃ可愛いねんけど💕)
グク
グク
(あなたのパンケーキを少しとる)
うま!
あなた

ちょっと!
勝手に取らないでよ😡

グク
グク
ごめんって(ムスッってしてるのもかわいい💕)
ほら、俺のもあげるから
あなた

ほんと!
(グクのをもらう)
美味しいー!

グク
グク
でしょ
食べ終わる
あなた

ごちそうさまでした

グク
グク
ごちそうさまでした
あなた

また、いこ!

グク
グク
そーだな
それから、グクとあなたは服を買ったり、小物を見たりしてショッピングをしてたらいつの間にか夜になっていた

グクは帰り道あなたを公園に連れて行った
グク
グク
今日、楽しかった?
あなた

うん!すごく楽しかった!
誘ってくれてありがとね😆😁

グク
グク
あ、あのさ
あなた

うん

グク
グク
俺があなたをショッピングに連れてきたの友達だからじゃない・・・
あなた

??

グク
グク
・・が・・・だから・・・
あなたが好きだから誘った
あなた

😳😳

グク
グク
あなたのことが一年の時からずっと好きだった

日に日に好きっていう気持ちが大きくなって
あなたを守ってあげたいっていう気持ちが強くなっていったんだ

友達がいっぱいいて、弱いところを見せない

強い子だと思ってたけど、ほんとはそうじゃないってことを知った

もっと、俺に頼って欲しいって思った


だから

俺と付き合ってください
あなた

はい(泣きながら)
私もグクのことが好きです

グク
グク
やった!
緊張したー
あなた

ふふっ
これからよろしくね

グク
グク
もちろん
俺たちは手を繋いで帰った

この時の俺達は幸せがずっと続くと思ってた・・・

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る