無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3
[帰り道]
あなた

よかったのグク?
みんなとお話ししなくて

グク
グク
いいよいいよ笑笑
いつでも話せるしね!
あなた

そっか

あなた

ねぇ、突然だけどさ一人暮らしって憧れない?

グク
グク
そうか?
あなた

うん だってなんでも自由じゃん

グク
グク
俺は家族と暮らしてる方がいいかな
いつもただいまって言ったらおかえりって言ってくれるし
温かいご飯用意されてるし
あっ、けど俺今一人暮らしだけどな笑笑
あなた

そーなの!?

グク
グク
うん 
俺もさ、最初は一人暮らししたいってずっと思ってたんだ
それで今してるんだけど、今更になって家族のありがたみに気がついたっていうか笑笑
あなたにもいつかわかるよ
あなた

そーだといいんだけどな

グク
グク
(また、顔が曇ってる)
あなた

今度グクの家に遊びに行ってもいい?

グク
グク
いいよ!いつでもおいで
あなた

やった!

グク
グク
ドキッ💕(その顔は反則やって\(//∇//)\)
あなた

じゃあ私バイト先こっちだからじゃあね!
また明日!

グク
グク
おう!
あなたがなぜあんな質問をしたのか
この時の俺には分からなかった
まさか、あなたの裏にあんな秘密があったなんてこの時の俺には知るはずもなかったんだ


この秘密がわかるのはまだ大分さきの話

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mo
mo
嵐、BTSすきです!関西弁たまに入っちゃうかもしれないです! よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る