無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

7
グク
グク
失礼します
先生、あなたがしんどそうで運んできました
あなた

しんどくない!

グク
グク
まだ、そんなこと言ってんのかよ
先生
体温計測ろうか
ピピッ
先生
38.5℃
完全に風邪ね
あなた

うそっ

グク
グク
お前良くその状態で走れたな
あなた

しんどくなかったもん

グク
グク
はいはい(強がりやな笑)
先生
早退しようか
お母さんに連絡するわね
あなた

だめっ!(大声で)

先生
えっ?(びっくりしている)
あなた

あっ、お母さんに迷惑かかるし
今日も仕事だから
だからお願い先生・・・連絡しないで(尋常じゃないくらい震えている)

先生もあなたの両親が有名人と知っているから
先生
そうね 分かったわ
けど家には帰りなさい
あなた

いやです・・・

グク
グク
なら、俺の家に来る?