無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

53
2021/06/22

第5話

5話
🐰『急に抱きしめたりしてごめんね。どこか寂しそうだったから…』



いくら、アイドルとファンっていう関係であったとしてもここまでしてくれるアイドルっていますか、、、?







久しぶりに人の温もりに触れた気がして涙も抑えきれなかった



しかも抱きしめられてるのはだいすきなぐくさん…





正直に全て話すことにした。だいすきなひとだし、話してもいいかなって...........










「実は家でも学校でも辛いことしかなくて、嫌になっちゃったんです。それで… 」










🐰『そっか...だから…はなしてくれてありがとう、泣きたい時は泣くんだよ?』




「すみません…こんな話....」




私は涙を拭きながら話した。







🐰『ううん?聞けてよかった…とりあえずこれ、わたしとく!夜遅いし、お母さんたち心配するから今日は帰った方がいいよ』









そう言って一枚の紙を渡された。それを受け取り、私ははい。と返事をした









🐰『うん!じゃ寝る前に今日はmagic shopでも聞いて寝てね!ㅎ 元気出して!」











「絶対ききます!!ありがとうございます.....!」





そうして、グクさんと別れ、家へ帰った。