無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
60
2021/06/21

第1話

start 1話


誰かに背中をトントンとされた。


















大音量で音楽を聴く中、わずかに聞こえたその声____










『音漏れしてますよ』









イヤホンを外して振り向くと、









『聴いてくれてありがとね』













そう笑顔で声をかけてくれたのは私の推しでした。












start________________