無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

🚬
ミンウクside













なんで















なんで1人で楽しそうなんだ。










僕はそのあなたさんの姿にすごく腹が立った。













たばこを美味しそうに吸って誰にも縛られてないあの感じ。



見てて吐き気がする。


僕はこんなに頑張ってるのに。


















.
ミンウク
ミンウク
くそ…













そこで僕は決めたんだ。


















"痛い目合わせてやる"と