無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

🚬
なんやかんやで資料にサインなど終えもう帰っていいということになった。









ギュソク
ギュソク
あなた~。BIG HITさんのパンPDさんがお礼を言いに来てるよ
あなた
あなた
ん..誰だ。
ギュソク
ギュソク
まぁまぁ会ってあげてよ






ロビーに居ると言われたので向かうと





パンPD
パンPD
あ…!こんにちは。この度はうちの防弾少年団を助けていただき……あ、あれ?




何故か見覚えのある男がいた




あなた
あなた
お前..
パンPD
パンPD
…いい加減なる気になりました..?
あなた
あなた
絶対やらない。




なんの話をしているのかと言うと






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




あなた街を歩いて居ると
パンPD
パンPD
あっすみません
あなた
あなた
…
パンPD
パンPD
あの..すみません!!
あなた
あなた
..なんだよ
パンPD
パンPD
私こうゆうものでして…
パンPD
パンPD
芸能界に興味ありません?


そう言って汚れ1つない名刺を出してきた



あなた
あなた
いやないんで


そう言ったがそいつはしつこくて

パンPD
パンPD
あなたのような美形はただの一般人で済ませるなんて許されません。なってくれるまでずっと言い続けます。
あなた
あなた
…



もうめんどくさいのでその日は無視をしたが





またある日
パンPD
パンPD
あぁ!!!!!あなたは…!!
あなた
あなた
はぁ…
パンPD
パンPD
お願いします…!ほんとに!!芸能界に興味ありますよね!?



もう半分押しつけじゃねーか…






昔からこうゆうのが多くとても嫌だった。

それでマスクをつけたと言っても過言ではない






が…それが理由ではない。














その理由はまた今度。







パンPD
パンPD
う~ん。なってもいいじゃないですか。
パンPD
パンPD
ね!?みんなもそう思うよね!?



後ろにいたメンバーのみんなに話しかける


ジミン
ジミン
僕はいいと思いますよぉ…!!
ジョングク
ジョングク
僕も!でも練習生って大変ですからね…
ホソク
ホソク
そうそう!睡眠時間3時間くらい?ㅎㅎ




何言ってんだ
あなた
あなた
お前ら……警察は寝てる暇なんてねぇよ
ギュソク
ギュソク
そうそう



いつからいたのかギュソクが話に入ってきた
ギュソク
ギュソク
練習生は確かに大変だと思うけど警察は寝てる暇なんてほんとにないからねぇ…ㅎㅎ
ギュソク
ギュソク
特にあなたは次から次へと仕事が入ってまともに寝てないんだよ?
あなた
あなた
おい…なんでもかんでも話すな
ギュソク
ギュソク
えぇだってほんとじゃーん
ギュソク
ギュソク
警察学校の時あなたが勉強してるところとか見たことないのにいっつも成績トップだったのムカつく~ㅎㅎ
ユンギ
ユンギ
そうなのか…?
ギュソク
ギュソク
そうそう!それでね…




こいつ…ほっといたら全部言う勢いだ…

















.Next