無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🚬
俺は警察学校に通ってるソラ
ソラ
ソラ
ヤンそろそろ起きろ
それでここで寝てるのが俺のルームメイトであり親友のヤンだ。
ヤン
ヤン
あと5分…
ソラ
ソラ
…じゃあ俺先行ってるわ
ヤン
ヤン
あぁ!!分かったから!!ちょっとまってて!!
ソラ
ソラ
はいはい
いつも朝はこんな感じで大変だ







正直警察学校に入った時友達が出来るかとかすごい不安だった
だけど
ヤン
ヤン
なぁなぁ もう学校生活慣れたか?
ってヤンが話しかけてくれて
ソラ
ソラ
少し…
そこからヤンとは仲良くなったんだ…
あの時話しかけられなかったら俺は多分今頃ボッチだっただろう







いつもこんなおちゃらけているがいざとなると頼りになるやつなんだ
ヤン
ヤン
準備出来た!行こーぜㅎ
ソラ
ソラ
あぁ
今日も1日が始まる
さぁ頑張るか







NEXT