無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

🚬
あなたside












私がどんな思いでここまで上り詰めたんだと思ってんだ。











なんも知らねぇくせに。
ミンウク
ミンウク
あ、あぁ…
あなた
あなた
…チッ。お前、上の人間にこんな事して許されると思ってんのか?
ミンウク
ミンウク
…ッ
あなた
あなた
分かってねぇよなぁ?ㅎ



その時こいつの仲間であろう ガタイがいい男2人が襲ってきたんだ。











だから私は警察のNo.1だっての。
















回し蹴りで首を蹴って気絶させたら







あなた
あなた
次はお前だよ
ミンウク
ミンウク
ひぃ…ご、ごめんなさい。もうこんな事しないので…あ、あの
ミンウク
ミンウク
わ…ッ
あなた
あなた
もうおせーよ。てめぇ私がどんな思いで…ここまで来たと思ってんだよ

胸ぐらを掴みながらそう言う。













顔を殴ろうとした時
ソンウ
ソンウ
あなた!!





ソンウ達が来た。
ルカ
ルカ
警察だ。
あなた
あなた
…はぁ。〇〇時〇〇分。イ・ミンウク。お前を暴行罪及び障害罪で逮捕する。




殴るのはやめてその代わり手錠を付けた。
ミンウク
ミンウク
…ッ。くっそあの人になんて言えばいいんだ。





パトカーが会場の外に来て








車内に連れてかれる時にミンウクが呟いていた。














あなた
あなた
(あの人?)



どうゆう事だ。あいつは誰かに命令されてやったのか…?