無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

🚬
あなたside
ソンウ
ソンウ
いやこんな仕事聞いてないよ?
あなた
あなた
あぁ言ってないからな
ソンウ
ソンウ
…まぁそうだけど
あなた
あなた
早く行け
ソンウ
ソンウ
分かったよ…
じゃああとでまた来るからね
あっ楽しんでくださいね!
ボムギュ
ボムギュ
ありがとう…ございます…
ギュソク
ギュソク
はーい!じゃあ皆さんパーティーを続行します!
ギュソク
ギュソク
楽しんでください!


そこからさっきのサセン達について話してるやつも居ればもう話題が変わってるやつらもいた
あなた
あなた
おい大丈夫か
ボディーガード
…はい なんとか…
あなた
あなた
手出せ
幸い手を刺されただけだから良かったものの

ボディーガードの手を包帯で巻いてやった
ボディーガード
ありがとうございます!!
あなた
あなた
あぁ…いいからお前は1度病院へ行けよ?
ユンギ
ユンギ
あの…
あなた
あなた
はい?
そうだ私はスタッフ




ユンギ
ユンギ
先程は助けてくれてありがとうございました
あなた
あなた
…あぁ

7人の男達から頭を下げられびっくり
ジョングク
ジョングク
新しいスタッフさんですか…?
あなた
あなた
まぁ…そうです(?)
ナムジュン
ナムジュン
あのお名前は…
テヒョン
テヒョン
あなたさーん!!!

あ…あいつら
ジミン
ジミン
…ん?知り合いなんですか?
スビン
スビン
そうです!
ヨンジュン
ヨンジュン
さっきかっこよかったです…//
あなた
あなた
どうも…
ホソク
ホソク
怪我は無いですか…?
あなた
あなた
あなた達こそ ないですか
テヒョン
テヒョン
あなた達って…ㅎ
僕はテヒョンです!
あなた
あなた
あぁそう言えば名前知りませんでしたね
ホソク
ホソク
僕はホソクです!
ユンギ
ユンギ
ユンギです
ナムジュン
ナムジュン
ナムジュンです!
ジョングク
ジョングク
ジョングクです!グクでいいですよ!
ジミン
ジミン
ジミンといいます!
あなた
あなた
あなたです
テヒョン
テヒョン
ねぇねぇ!何歳!
あなた
あなた
20歳ですけど…
ジョングク
ジョングク
年下だー!!
ジミン
ジミン
わー!呼び捨てでもいい?
テヒョン
テヒョン
もっと上かと思ってたㅎ



色々聞かれたりですごい疲れるんだけど…


ヨンジュン
ヨンジュン
(あなたさん!)


呼ばれたと思ったら急に手を引かれた
テヒョン
テヒョン
ここまで来れば…
ボムギュ
ボムギュ
大丈夫でしょㅎ
ヒュニン
ヒュニン
あなたさん困ってそうだったから連れてきたの!
スビン
スビン
それに…
スビン
スビン
(話したかったし…//)
あなた
あなた
…ありがとう
テヒョン
テヒョン
えっ/
あなた
あなた
…?なんだ
テヒョン
テヒョン
いや…なんでも…ないです。
(お礼言えんじゃん…//)
ヒュニン
ヒュニン
えっと…自己紹介!僕らもしましょうか!
あなた
あなた
その必要は無い
あなた
あなた
ギュソクに教えてもらった
ヨンジュン
ヨンジュン
えぇ!じゃあ僕の名前は!
あなた
あなた
ヨンジュン
ヨンジュン
ヨンジュン
…//
スビン
スビン
…ッ!
じゃあ僕…
ギュソク
ギュソク
あなたー!!
スビン
スビン
…!!
あなた
あなた
あぁ今行く
あなた
あなた
それじゃあまたな



ギュソクの所へ走っていく
ギュソク
ギュソク
なにしてたのー?
あなた
あなた
自己紹介だ
ギュソク
ギュソク
あっ僕教えてあげたよね?
ちゃんと言えた?
あなた
あなた
まあな…ヨンジュンだけは覚えておいて良かった
ギュソク
ギュソク
ヨンジュンしか覚えてなかったの!?ㅎ
あなた
あなた
だからナイスタイミングだったぞ
ギュソク
ギュソク
やったー(?)ㅎ



気を引き締めて…




もうすぐ18:00だ





NEXT