無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🚬
ソラside




言い忘れてたけど友達がヤンだけってわけではないんだ




ミンウク
ミンウク
よっㅎお前らギリギリだなㅎ
ソラ
ソラ
こいつが寝坊したんだよㅎ
ヤン
ヤン
ごめんて~ㅎ
そうこの美青年の友達。ミンウクだ。こいつは嫌ってほどモテる
ミンウク
ミンウク
あっなんか今日の授業特別みたいだぞ?
ヤン
ヤン
なになに!?
なんだなんだ



1時間目は実技か…




ならテストとかか?
ミンウク
ミンウク
トップ5達が来るらしい!
ソラ
ソラ
え
ヤン
ヤン
まじかよ
ヤン
ヤン
え…実技だよね?
ミンウク
ミンウク
相手してくれるってことかな?ㅎ
みんな
……
みんな
勝てるわけねぇだろ!!
ヤン
ヤン
だってトップ5だよ!?
ヤン
ヤン
負けたらグラウンド10周とかよくわかんないルールあったよね…?
ミンウク
ミンウク
あったね…
ソラ
ソラ
今のうちに走る準備しとくか
ミンウク
ミンウク
おう
ヤン
ヤン
おう
女子
ミンウク君~♡
うわぁ…
すげぇぶりっ子だな…
ミンウク
ミンウク
ん?どうした?(ニコッ
こんなやつにも笑顔で返すのか…さすがモテ男
ヤン
ヤン
(なんか俺ら邪魔じゃね?)
ソラ
ソラ
(多分)
いつの間にかミンウクは女子に囲まれてしまった
ヤン
ヤン
(ミンウク…!先行ってるぞ!)
そう伝え早々と実技の授業が行われる広場へと向かった








NEXT