無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

🚬
あなたside
それにしても人が多いな


有名な奴らなんだろうけど全然知らない奴らばっかだ
ギュソク
ギュソク
え!あなた!BTSさんがいるよ!
あなた
あなた
…なんだよBTSって。
ギュソク
ギュソク
あなた…それはやばい
ギュソク
ギュソク
他にもASTROさん達もいる!やばい!
あなた
あなた
へぇ…
ギュソクうるせーな。

はぁ…18:00までになにか起こらなければいいけどな


その後ギュソクとは怪しい奴がいないか探すために一旦分かれた
?
あの…
あなた
あなた
はい…なんでしょうか
今一応スタッフになりきってるからな…それっぽくしとかなきゃまずい
ヒュニン
ヒュニン
あっやっぱり……この前助けてくれた人ですよね!
…?
誰だこいつら
ヨンジュン
ヨンジュン
あれ覚えてませんか?この前商店街で…
あなた
あなた
…あ
ヨンジュン
ヨンジュン
思い出してくれましたかㅎ
お久しぶりです!
あなた
あなた
どうも
スビン
スビン
えっと…なんでここに?
まずい…



爆破予告が…なんて言ったらこいつら慌てるだろうな
あなた
あなた
スタッフが…人手不足らしくて手伝いで来たんです
テヒョン
テヒョン
そうだったんですか!
よし上手く誤魔化せた


そろそろ捜査に戻らなきゃダメだよな
あなた
あなた
そろそろ準備がありますので…
スビン
スビン
あっまって!お名前は…
あなた
あなた
ん、あぁあなただ
スビン
スビン
…//
スビン
スビン
可愛い名前ですね…!
何言ってんだこいつは。可愛いなんて初めて言われたわ
あなた
あなた
はっ…どうも。
あなた
あなた
…じゃあ。
スビン
スビン
はい!またお会いしましょう!









それから捜査に戻ってギュソクと集合した
ギュソク
ギュソク
こっちは怪しい人いなかったよ あなたは?
あなた
あなた
こっちもだ。もうあらかじめ爆弾は用意してあるのか…?
だとしても犯人の目的は自分だから…あぁもうわかんねぇ…