無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🚬
なんか大きな事になりそうだな…
あなた
あなた
訓練しとくか

その日の夜は徹夜で拳銃の見直し ランニング などひたすら繰り返した






朝になって

あなた
あなた
(K‐pop集会とやらに行くか)
スタッフにでも変装して紛れこもう
ギュソク
ギュソク
お…?こんな朝早くにどこ行くんだ…?
お前こそこんな朝早くに…と思ったが…まぁいい
あなた
あなた
(隠し事してもすぐバレるしな)
あなたは事情を全て話した
ギュソク
ギュソク
そうか…
あなた
あなた
あぁ
ギュソク
ギュソク
で、今から行こうとしてるわけね〜
ギュソク
ギュソク
うん僕も行くよ
あなた
あなた
言うと思った
あなた
あなた
なら早く行くぞ
ギュソク
ギュソク
でも他の奴らには言わなくていいのか?
あなた
あなた
あぁ あいつらはあいつらでやることがあるだろ
ギュソク
ギュソク
じゃあ…2人で頑張るぞㅎ

ギュソクと2人でK‐pop集会が行われる場所で向かうことにした

ギュソク
ギュソク
…でけㅎ
着いたはいいが異様なデカさだった
あなた
あなた
そうだな…とりあえず入るぞ

入ろうとしたが
ボディーガード
待ってください
関係者の方ですか?
ボディーガードに止められた


が、すかさず金色に輝く警察手帳を見せた
ボディーガード
…!!
これは…すいませんでした!!
あなた
あなた
あぁ……
ボディーガード
でもどうして警察の方が…?
ギュソク
ギュソク
今日ここに爆破予告が来てるんですよ
ボディーガード
え…!?爆破予告!?
あなた
あなた
そうだ…このことは内密に。
と、協力してくれ。


このボディーガードに口止めをしスタッフに紛れさせてもらうための服を貸してもらった。
ギュソク
ギュソク
わ〜あなた似合ってるよㅎ
あなた
あなた
どうも…
少し堅苦しいがまぁこれも仕事だ









さぁ…潜入捜査と行こうじゃないか