無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

つずき


『、、、』















だれにも話しかけられない、、















まぢ悲しみの極み☆















康二「あなた~」















話しかけてきた←















『は~い』















康二「めめどこいった?」















『楽屋にいるとおもいますよ?』















康二「ほんま?」















『ほんまっす』















康二「もうそろそろれっすん始まるからきてな~」















『は~い』















でもまだここにいる、、!















ふたりだけって!















しかも同じぐる~ぷのめんば~って、、















愛されちゃってんね♪















樹「あなた~」















『樹くん!』















樹「なんか、、元気だね」















『れっすんでつあ~の練習とかでびゅ~曲とかなんで』















樹「また東京ド~ムいっしょにたちたいな」















『日本のど~む全部いきたいですっ』















樹「ド~ムツア~?ww」















『いっしょにたつ!』















樹「まぁそれは滝沢くんに、、」















『あっ、、はい』