無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

秋といえば…2


次は深澤くんことふっかさんにきいていきましょー













『ふっか氏』














辰哉「えっなにその呼び方」














『秋といえばなんだとおもいますか?』














辰哉「秋?栗!」














『はいありがとございましたー』














辰哉「え違うの?」














次は…らうだ!














『らうさん!』














ラウール「はい!」














『秋といえばなんだとおもいますか?』














ラウール「秋か~くだもの?」














『くだもの!らうありがと』














あなたの秋といえばのちょーさはまだまだ続く




























































































































































































































SixTONESの楽屋














『こんこんっ』














慎太郎「どうぞー!」














『しつれーしますぅー』














樹「いや口でこんこんいうのやめろよ」














『さぁさぁ樹さん秋といえばなんだとおもいますか?』














樹「秋ですか秋は紅よu…」














慎太郎「秋といえば紅葉だよね!」














樹「俺のいおうとしたこというなよ」














ジェシー「AHAHAHAHAHAHAHAHAHA HAHAHAHAHAHAHAHAHA」














『笑いすぎでしょ』













北斗「秋といえばさつまいも🍠」














北斗「はいさつまいもやるよ」














『あっほっくんありがとっ』














『ちょっとじぇしーがうるさかったんでさよなら~』













『しつれーしましたぁー』














北斗「じゃあな」














樹「また来いよ」














ジェシー「AHAHAHAHAHAh…」














バタンッ














































ちょっとなんでほっくんがさつまいも🍠持ってたのはふしぎだけど…






























next→続き