無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

おでかけ


じゃにーずの最初で最後の永遠の紅一点あなたでっす














うちの趣味しってる?
























しらなかったら第3話へ‼



↑教えてくれないという

























まぁ趣味がじゃにーずのだれかとおでかけすることなんですよ




















かんたんにいうと?うん





























だから…………


























でかけようとおもってるんだけどだれさそおうかなてきな感じで迷ってますあなたです



























決めた‼




















































しょーたくんにしよー









だって寝てたもん


















『しょーたくんー起きてー』





翔太「zzz」










『しょっぴー』







翔太「zzz」















『しょーたくんいっしょにでかけましょー』






翔太「パチッ👀」















翔太「どこに行くの」








『映画みにいきましょー』




















翔太「わかった」











let's go🚗💨








『わーいしょーたくんと映画だーわーい』









翔太「あなた静かにしなきゃばれるよ?」













『まぁ世界は広いからここにふぁんがいるとは限らないんです!』









翔太「はぁ………」















『しょーたくんなにみますか?』



















翔太「あなたのみたいものでいーよ」








『じゃあしょーねんたちにします‼』
























映画終わった後












『わーしょーたくんきょーもとくん死にましたね』










翔太「役だけどね」
















ファン「あの…すのーまんの翔太くんとあなたちゃんですよね?」









『はい!』









ファン「握手してください‼」







『(((握手』












ファン「応援してます‼これからも頑張ってください!」








『ありがとございます頑張りますね!』















その後しょーたくんのいったとーりふぁんのひとにばれて事務所に帰るのもひとくろうでした















翔太「だからいったじゃん」










『でも!楽しかったのでいいじゃないですか!』