無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Six TONESの楽屋


作者です



どこかのぐるーぷの楽屋ではじめるの許してくださいでふ






彼氏だれがいいと思います~か



こめんとかいてくだはい





おなしゃ~すっ

ではほんぺんへ↓

____________________




iえ~い

どうもあなたで~ふ







あたくちいまから原石さんたちの楽屋いこかなおもてまふ



なのでいきまふ









コンコンッ🚪



樹「どうぞ~」






ガチャ






『きょうもおっはようございま~す』




『ジャニーズの最初で最後の永遠の紅一点あなたです!』







樹「あなたかよ」



『誰だとおもったの?』









慎太郎「昨日の俺と明日の俺!」



ジェシー「DAHAHAHAHAHAHAHA」








『そーいえばおじーちゃんは?』





樹「ねてるよ」









『りょーかい!じゃっがくやもどりま~す』



樹「じゃあな」



『ばいばいっ』





ジェシー「AッHAHAHAHAHAHAHAHAHA」








ガチャン



ガチャ





だれもいないとおもったその時だった





そふぁーでだれかねてる















そふぁーまでいく      ←決定



そふぁーまでいかない






テクテクテクテクテクテク















しょーたくんでしたね~



ぐっすりと寝てるので~







だれもいないうちにテスト勉強しますか



カキカキカキカキカキカキカキカキ







30分後


ラウール「おはようございま~す」



『らう!おはよ~』






ラウール「あなたなにしてるの」



『てすとべんきょうをしております』








ラウール「そーいえばそふぁーに翔太くんいたよね?」



『うん!いるよ寝てるけど』








ラウール「翔太く~ん起きてくださ~い」




そーいえばみんなわたくしの正体を知らないわよねオホホホホホホホ




教えてあげましょう!