無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

…。


どーも~!あなたですぅ















いまはっ!なんとっ!















美 少年の楽屋にいるよっ!















まぁいきましょかしょか←















『こんこんこんっ(((コンコンコンッ』















雄登「どーぞっ」















『いぇ~いっ!』















雄登「いや自分たちの楽屋で騒げよ」















『騒いでないからいーんだよ!』















飛貴「よくないよw」















『ひーくんっ』















『そーいえばあなたね!一世くんと同い年なんだよっ』















雄登「…知ってる」















『…。』















『…そこは知らないふりするんだよ』















雄登「ごめん嘘はつけない」















『無駄に頭いいんだからさ…そんな真面目じゃなくても』















飛貴「そーだっそーだっ!」















雄登「無駄にってなんだよ無駄にって」















『むだには日本語だよ』















雄登「知ってるよ!」















一世「そういえば呼んだ?」