無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

秋といえば…3


うわー←











あなたです~














いまは美 少年サンの楽屋にこられているあなた氏です





























はっいりまっしょー!














『こんこんっ』














飛貴「どうぞー!」














『しつれーしますぅー』














雄登「やっぱりあなただと思ったw」














『いいところに!🍆さん秋といえばなんだとおもいますか?』






 







雄登「🍆じゃねぇしイントネーションが…」













『秋といえば!』














雄登「新米?」














『おー…一応ひーくんに聞くよ』














雄登「えっなんで?」














『さぁひーくんさん!』














飛貴「ひーくんさんww」














『ひーくんさんは秋といえばなんだとおもいますか?』













飛貴「そーですね…松茸ですかね…」














『おーいろいろありますね!』














『じゃっここら辺でしつれーしましたぁー』













龍我「ばいば~い」














『ばいば~い!』














さてさて次はどこにしよーかな














はいはいじぇっついきましょ














『こんこんっ』














優斗「どうぞー」














『しつれーしますぅー』














瑞稀「どうしたの?」














『みじゅっくん~秋といえばなんだとおもいますか?』














瑞稀「…かぼちゃ🎃」














『みじゅっくん…はろうぃん誕生日だもんね』













瑞稀「ご飯いこうね」














『いこーね!』














蒼弥「あなた俺にも聞いて~」














『(((スルーしつれーしましたぁー!』














優斗「テイヤッハまたこいよー」














Snow Manの楽屋
























『みんなに聞いてきたZE☆』















蓮「なんでみんなに秋のもの聞いてるの?」














『ん~まぁ秋といえばというのを通してみんなと交流を…』














蓮「なにそれww」














『いいでしょ!』


















冬もしていきたいと思います‼


























____________________












彼氏蓮くんでいいですかね←








いいと思う人ははーととか




蓮くん以外ってひとはこめんととか





















おねがいしますぅー‼












以上























作者でした~