プリ小説

第14話

今回の殺人が起きた場所は、詠太くんの部屋。
殺された人の右腕には注射器で打たれたであろう、跡が残っている。
女子高生は下着姿。
…女子高生が死んでいる場所は詠太くんの部屋だが、ベットの上で死んでいる…
なんで、ベット…?
美穂
美穂
なんで、ベットの上なんでしょうか…
詠太
詠太
この子が死ぬ前に、ベットを貸してほしいって言われたから貸してあげたんだ~♪
奏
………
詠太くんが許可を出した…
ってことは、詠太くんは女子高生の居場所を誰よりも先に分かっていた。
そして、勘が鋭く、観察力がある詠太くんなら、さっき凛が言ってた部屋の存在にも気づいてたはず…
詠太
詠太
けど僕、この子が寝てる間にトイレ行きたくなって、見張りを代わりにやってもらってたんだ~♪
奏
見張り?
……それは、誰?
涼也
涼也
俺だ。
詠太くんがいない間に、涼也くんが見張り…
なんで、女子にやってもらわなかったんだ?
もしかしたら、詠太くんが代わりを誰かに頼む前に…涼也くんが自分から、代わりに見張りをやると言い出した?

……なんだか、毎回涼也くんが疑わしくなる…
詠太
詠太
けど、僕が帰ってきた時はまだ死んでなかったよ~?
奏
えっ、。
まだ死んでなかった?
なら…涼也くんが犯人ではない?
凛
てかさー。
なんで下着姿なわけ?
…たしかに。
なんで下着姿?
わざわざ下着にさせる必要があったのか?
詠太
詠太
夜のお誘い…とかっ?(ニコッ
奏
え、ええ!?
詠太くッ…なな、何言って!?
凛
奏なに顔赤くしてんだよーw
奏
し、してないよ!!
美穂
美穂
……してますよ…?
奏
う"っ…
杏果
杏果
で、でも…
もし詠太くんが言う通りなら……
犯人は男性…?
詠太
詠太
そういう事だね~♪
犯人は男性……
男性…?
犯人は男性っ!?
ぼ、僕が疑われるかもしれないのか!?
美穂
美穂
け、けど待ってください!
涼也
涼也
………なんだ
美穂
美穂
犯人は男性…と、決めつけるのはまだ早いかと…
奏
どういうこと…?
美穂
美穂
……あの、詠太さん…
詠太さんは…最初から殺された人を見張ってたんですか…?
詠太
詠太
ん?
ん~とぉ~…
あの子、気持ちが悪いとか言ってたから水を最初くみにいったよ♪
最初から詠太くんはいなかった?
なら、女子高生を見張る人はその間誰もいなかった。
それに、ここの家に鍵は何も無い…
だから、部屋の出入りは自由だ…

……女性っていうのも、有り得る。
凛
あ!
その間に部屋に入れば注射を打てば終わりじゃん!
さすが美穂さん…
いや、僕の頭が悪いだけかもしれないけど…

そうなると…
下着の謎は解けないままだ…
涼也
涼也
………下着ってのは、ただの罠じゃないのか?
詠太
詠太
罠~?
涼也
涼也
……誰が犯人かを紛らわすための。
あぁ、そうか…
下着ってだけで、今まで僕らは混乱させられた。
挙句には男性だけが疑われた時もあった。

ん?
……男性だけを…疑わせようと、した…?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

亜夢
亜夢
みなさんどうも!亜夢です!! 色々なジャンルの作品を書こうと思ってます! 亜夢の本棚と検索すると私の小説が出てくるので、是非読んでみてくださいね! 私の作品は、亜夢の本棚とタグを検索すれば出てきます! お気に入りや、いいねしてくれたらめっちゃ喜びまずw コメントよければしてくださいね(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु