無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

事件
今日は久しぶりにお兄ちゃんも私も仕事が休み



だから、お兄ちゃんが買い物に連れて行ってくれることになった
あなた
あなた
お兄ちゃん!早く行こ!
剛典
剛典
ハイハイw
剛典
剛典
あなたの服買おっか!
あなた
あなた
いいの?
剛典
剛典
いいよ!
あなた
あなた
やった!
佐野玲於
佐野玲於
あ、岩さん!
剛典
剛典
おぉー玲於ー!
佐野玲於
佐野玲於
あなたさん!
あなた
あなた
どうも...
(📞´-`)oOプルルル
あなた
あなた
お兄ちゃん電話鳴ってる
剛典
剛典
あ、HIROさんからだ





しばらくしてお兄ちゃんが戻ってきた
剛典
剛典
ごめんあなた!
剛典
剛典
ちょっと急用入った
あなた
あなた
え、
剛典
剛典
玲於!あなたよろしく!
佐野玲於
佐野玲於
はーい!
嘘でしょ…気になるとは言っても男の人だよ?



無理無理...
あなた
あなた
...私帰る...
佐野玲於
佐野玲於
え、じゃあ送っていきますよ
あなた
あなた
いいです。
佐野玲於
佐野玲於
俺、岩さんにあなたさんのこと頼まれたんで
あなた
あなた
...
お兄ちゃんの名を出されると頭があがらなくなる
あなた
あなた
分かりました...




帰ろうとしたその時




ガチャンという音と共に電気が消えた
あなた
あなた
え、
どうやら非常口などのドアも開かなくなったらしい
あなた
あなた
嫌だ...嫌だ...
玲於side


あなたさんは暗い場所も苦手だと聞いたことがある
佐野玲於
佐野玲於
あなたさん?大丈夫ですか?
あなた
あなた
どこにも...行かないで...
佐野玲於
佐野玲於
大丈夫です。どこにも行きませんから