無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

恐怖の帰り道2
玲於side


さっきからあなたが震えてる

小田宏貴
黙ってあなたは俺のものになればいいんだよ(大声)
あなた
あなた
((ビクッ
佐野玲於
佐野玲於
大丈夫。俺がついてる(小声)
あなた
あなた
...うん.......
佐野玲於
佐野玲於
あのさぁ、あなたをものみたいに扱うの辞めてくんない?
小田宏貴
は?
佐野玲於
佐野玲於
あなたはお前の性処理係じゃねーんだよ
そう言って玲於は宏貴さんのことを蹴り飛ばした

↑玲於さん強ww
小田宏貴
ってぇ…
佐野玲於
佐野玲於
俺とあなた、結婚の約束してるんで邪魔しないでください
小田宏貴
くそっ




あなたside


宏貴さんが逃げていった瞬間涙が溢れ出した
佐野玲於
佐野玲於
大丈夫...大丈夫...泣いていいよ
背が小さい私は身長170cmの玲於の体にすっぽり。
あなた
あなた
落ち着く...









.


佐野玲於
佐野玲於
嘘...寝た?
あなた
あなた
スースー…
佐野玲於
佐野玲於
マジかよ…




玲於side


あなたをおんぶして、荷物を持って家に帰った。

ベットに下ろしたあなたの頬には涙のあとがあってあなたの心の傷の深さを知った