無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

猛アプローチ
数日後
また、三代目の楽屋に向かって歩いてる



この前ここで佐野さん?って人にぶつかってしまった




出来ればもう会いたくない...


ハンカチ拾ってくれたけど本当は怖い人なのかもしれないし





あっ...佐野さんだ...見つからないようにそっと...
佐野玲於
佐野玲於
あっ!あなたさん!!
見つかってしまったぁぁぁ
あなた
あなた
はい...なんですか...?
佐野玲於
佐野玲於
この前もここで会いましたよね!
あなた
あなた
そうですね...
佐野玲於
佐野玲於
今度、良ければ一緒にどこか行きませんか?
あなた
あなた
嫌です
佐野玲於
佐野玲於
えー😰
佐野玲於
佐野玲於
じゃ、いつか行きましょうね!
そう言って彼は去って行った



なんか面白い人だな…心のどこかでそう思った自分がいた