無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

お兄ちゃん
タッタッタッ...

足音が聞こえてくる

これは...お兄ちゃんの足音だ






ガラッ
剛典
剛典
あなた!?ハァ...ハァ...
お兄ちゃんが息切れしてる
あなた
あなた
お兄ちゃん...
剛典
剛典
また...リスカしちゃった?
あなた
あなた
(。_。`)コク
剛典
剛典
ダメだよ…でもそれだけ辛かったんだね
剛典
剛典
よく頑張った...
そう言ってお兄ちゃんは頭を撫でてくれた。


優しくてどこか厳しさのあるお兄ちゃんの手