無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

突然
ある日



どうしても確かめたいことがあって

三代目の楽屋に走ってます


あの角を曲がれば楽屋だ!







ドンッ
あなた
あなた
いたっ...
佐野玲於
佐野玲於
いってぇ...
あなた
あなた
ご...ごめんなさい...
あなた
あなた
ほ...ほんとに...ごめんなさい...
佐野玲於
佐野玲於
あ、いや、こちらこそすいません
佐野玲於
佐野玲於
怪我とか大丈夫ですか?
あなた
あなた
ほ、ほんとに大丈夫ですk...
あなた
あなた
うわっ
佐野玲於
佐野玲於
うおっ
玲於の手が滑ってあなたに馬乗り状態
あなた
あなた
やめてっ...泣
佐野玲於
佐野玲於
え...ごめんなさい
剛典
剛典
あなたっ?
剛典
剛典
今日は帰った方がいいんじゃない?
あなた
あなた
でも...仕事あるし...
剛典
剛典
大丈夫。今日は俺んち帰ってて
あなた
あなた
分かった...




玲於side


あなたさん?が帰ったあと、岩さんには気にしないでって言われたけどどうしても気になって三代目さんの楽屋まで来てしまった…
コンコン
佐野玲於
佐野玲於
失礼します
佐野玲於
佐野玲於
岩さん!さっきの子って...
剛典
剛典
あーうちの妹。あなたさ、男の人苦手であんな態度とっちゃうんだよね
剛典
剛典
気に触ったならごめんね
佐野玲於
佐野玲於
いや、そういう事じゃなくて...
佐野玲於
佐野玲於
ハンカチ...落としていきました
そう。あの時あの子はハンカチを落として去って行ったんだ
剛典
剛典
あ、あなたのだ。ありがとう
佐野玲於
佐野玲於
もう1つ、(小声)あなたちゃんってリスカしてます?
剛典
剛典
気づいたんだ...
佐野玲於
佐野玲於
押し倒しちゃった時見えてしまって...





GENERATIONSの楽屋に帰ってもずっとあなたちゃんのことが気になって仕方がなかった





これが恋っていうのかな