無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

出会い


高校の時の出来事から6年という月日がたった


お兄ちゃんは三代目 J SOUL BROTHERSというグループのメンバーでパフォーマーとして活動してる


私の自慢のお兄ちゃん


ちなみに私はデザイナーになった


この仕事ならあまり人と関わらないでいいし、




でも私、今ピンチ


デザイナーという仕事ゆえに三代目の衣装デザインすることになってサイズなどの採寸に今行ってるの...



お兄ちゃんは優しい人達だと言うけど怖い


そんなこと思ってたら事務所についてしまった











受付嬢さんに楽屋の場所を聞いたんだけど出てしまった...


方向音痴...


あなた
あなた
((ここどこだろ...
???
あの、何してるんですか?
男の人から声をかけられた


それが私たちの出会いだったね
佐野玲於
佐野玲於
GENERATIONSの佐野玲於っていいます
佐野玲於
佐野玲於
どこに行かれるんですか?
あなた
あなた
三代目さんの...楽屋に...
佐野玲於
佐野玲於
そこを左にまがってすぐですよ
佐野玲於
佐野玲於
良ければ一緒に行きましょうか?
あなた
あなた
いや、いいです。大丈夫です。
あなた
あなた
ありがとうございました...


走って逃げてしまった...


こんなことをするのは失礼って分かってるんだけど


自分を守るためにはこうするしかない


自分が傷つかないようにするには...