無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

prologue
家の命令で、この事務所に入った。
条件は、ぶりっ子として入ること

本当の自分を隠すこと、



そして、、、



















彼、そう小瀧望には、絶対バレないこと____。