プリ小説

第37話

総勢なお泊まり会
廉side

雅紀「ねねね!あなたちゃんとは
どうなのさ笑」

智「あーそれ気になる 笑」

和也「俺も気になるなーーー((ニコニコ」

玄樹「二宮くんの笑顔が怖いです…笑」

優太「お、恐ろしや…」

勇太「帰りてぇ…笑((ボソッ」

海人「紫耀め…」




今、仕事終わりに嵐の皆さんに捕まってます、笑
紫耀は先にちゃっちゃと帰ったんやけどさ。


雅紀「で?実際のところどうなの?!」

『多分、俺含めて全員す…』

優太「わぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

玄樹「ちょちょちょいいい!!!!」

勇太「まてまてまてまて!!!!」

海人「すとぉぉぉっぷ!!!!!」


なんなん 笑笑


せっかく言おうとしたのに 笑笑


智「す?」

和也「す…。へーーーーー((ニコニコ」

玄樹「うわぁぁ…二宮くん怖い、」


みんな二宮くんの笑顔に怖がっていると…。


翔「あーもー!こんなところにいた!!」

潤「撮影始まるんだけど笑」




救世主?と言っても過言じゃない、

櫻井くんと松本くんが来た 笑笑


雅紀「あ、もうそんな時間?
じゃあこの話はまた今度ねー!笑」

智「じゃあ 笑笑」

和也「また、、、ね?((ニコニコ」


最後まで笑顔が怖かった二宮くんでした笑


『てか、腹減ったわ』

優太「すっごい呑気だなお前!笑笑」

勇太「帰ってあなたに癒し貰お…」

玄樹「え、ぼくじゃ癒されないの…?」

勇太「あ、いや、じゅ、充分に癒されております」

海人「じゃあ、じんはもう癒されなくてもいいよね!
ぼくが癒されてこよーっと ♡♡」

『残念。俺やから 笑』

優太「いや、俺だよ?!」

『はい、帰ろ帰ろー』

優太「え、スルーは酷い…」

全員「笑笑」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登