プリ小説

第31話

サプライズ
紫耀side



今、LINEで偽撮影が終わったとの連絡が来ました 笑


『準備終わった〜?』

玄樹「バッチリ!」

『りょ!じゃあ、行ってきます!』

全員「行ってらっしゃ〜い」


とりま、迎えに行きましょ 笑笑










『あなたっ!海人!大吾!廉!』

あなた「あっ!紫耀!!」

海人「やっほー」

大吾「おー」

廉「いぇーい」

あなた「あれ?紫耀だけなの?」

『みんなね〜、仕事あるんやって〜。
ひらのだけ暇だから来たの!』

海人「紫耀はほんと暇人だね 笑」

大吾「ほんとそれ 笑」

『えへへ、それほどでも…笑』

廉「いや、褒めとらんからな?笑」

全員「笑笑」

『あっ、そうそう!
今日な翔さんに呼ばれてるんよ』

あなた「え?!翔さんに?!」

廉「お前なんかやらかしたんか?笑」

大吾「翔さん呼び出しくらうとか…笑」

海人「なにしたのー?笑」

『なんにもやらかしとらんのやけど…笑
でな、なんか嫌な予感がして怖いねん笑
だから、付いて来て!』

あなた「えーーー」

海人「同じくえーーー」

大吾「また同じくえーーー」

廉「またまた同じくえーーー」

『えーーーちゃうわ!笑
おねがい!』

あなた「んまぁ、いいよ!
翔さんに会いたいし!笑」

大吾「俺も俺も〜」

『じゃあ、行こ!!』

全員「お〜!」


どんな反応するんやろな…笑笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登