プリ小説

第43話

らじらー
あなたside

もうすぐで始まる…。



5、4、3、2、1…。

ジェシー「はい、こんばんにゃんっ!笑
SixTONESのジェシーでええええすっ!」

樹「うるさすぎな、笑
同じくSixTONESの田中樹でええええすっ!」

『樹くんもうるさいじゃん!笑
King&Princeの二宮あなたでええええすっ!』

ジェシー「全員うるさいな、うん 笑笑」

樹「あなた、結構緊張ほぐれたね笑」

『風磨のおかげやな~笑』

ジェシー「さて、あなたの緊張もほぐれた
ところで…






飛ばします!by作者






ジェシー「え~、もう終了の時間ですね笑」

『えええええ、やだ』

樹「わがまま姫さん発動しましたよ」

ジェシー「さすが俺の姫」

『ジェシーのになった覚えはない』

樹「じゃあ俺の?」

『樹くん…でもないな!笑』

ジェシー「誰のーーーー」

『誰のでもないけど…強いて言うなら
キンプリですかね!笑』

樹「あなたらしい 笑」

ジェシー「キンプリ辞めてSixTONES
来てもいいんだよ?!
今なら、まだデビューしてないから
間に合うよ?!」

『遠慮しときまーす 笑』

樹「来週のこの時間は~…誰だっけ?笑」

『宮近とうみんちゅ!』

樹「あっ、そうそう!
Travis Japanの宮近海斗くん、中村海人くんの
Wカイトが出演してくれまーす 笑」

ジェシー「そして、8時台はHey!Say!JUMP
伊野尾慧くんと八乙女光くん、
9時台は安井謙太郎くんと高橋優斗くんが
出演しまーす 笑」

『ぜひぜひ聞いてくださいっ!』

3人「では、おやすみ〜♡」

ジェシー「ばいばぁーい!」






お、お、終わったあああああ…。




ジェシー「おつかれ~」

樹「おつかれさま~」

『おつかれっ!緊張やばかったぁぁ笑』

ジェシー「そう?ふつうに喋れてたよ?笑」

『ほんと?なら、良かった 笑』

樹「帰ろ!送っていく!」

『え、いいよ!』

ジェシー「送っていかないとキンプリに
怒られそう 笑」

『あ~、じゃあお願いします 笑』

2人「は〜い 笑」



メンバーのみんな、家で聞いててくれたかなぁ?


感想楽しみ~♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登