無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

海人
あなたside


カメラマン「どんな風に撮ってもいいからね〜」

『は〜い』

海人「はーい!」

どんな風に撮影しよっかな〜笑


海人「とりま、寒いしこたつ入ります?」

『うん!』



そう言い、うちと海人はこたつのセットに移動した。

『あったかぁぁい…』

海人「なんか…眠くなるね…」

『寝ちゃダメだよ!撮影中なんだから 笑』

海人「えぇ〜…」

珍しく海人が甘えたモード!!


か、かわいい…←←
海人「ん〜…((コテンッ」



海人がこたつに潜りながら

うちの肩に顔を傾けて来た。

『んも〜…。
かわいい…笑笑』

海人「…ふふっ笑笑
あなたの方が可愛いからね〜笑笑」

『…///』

紫耀「あなたの方が可愛いよ…((真似する」

廉「海人くんっ///((真似する」

『おい、しょうれん』

紫耀「い、いやぁ?イケメンだなーって思って笑」

廉「そ、そうそう!笑笑」

勇太「あなたの方が可愛いよ…((真似する」

玄樹「か、海人くんっ///」

『あ、そこなら許せる』←←

優太「また始まったよ笑
じぐいわ劇場 笑笑」

全員「笑笑」

カメラマン「次、いわげんとあなたちゃん!」

『玄樹とか〜笑笑』

玄樹「何笑ってんの 笑笑
行こ!!」

『はーい 笑』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る