プリ小説

第4話

ドッキリ?
あなたside


今ね、楽屋でメンバー会議してる… 笑

そんなおおごとにするつもりじゃなかったのに 笑笑

しかも廉の機嫌がすっごい悪い 笑笑
廉「…((ムスッ」

海人「えっとね。
まず、2人は2ヶ月前から付き合ってたんだよね?」

『うん 笑』

勇太「そうそう」

玄樹「なんで黙ってたの?」

『それは…』

勇太「なかなか言い出せなくてさ 笑」

紫耀「俺のあなた…((シュン」

『だから紫耀のじゃないって 笑』

優太「そっか〜…なんかショック」

『なんかって 笑笑』

玄樹「世間には言うつもりなの?」

勇太「後々は」

廉「…何考えてんのか分かって言ってん?」

勇太「そうだよ?」

廉「…あっそ((出て行く」

『廉…!!』

全員「…」

勇太「ちょっとやりすぎた? 笑」

『そうみたい 笑笑』

海人「え?」

玄樹「なにが??」

『実は…私たち…』

勇太「付き合ってませーん! 笑」

全員ー勇太&あなた&廉「えぇぇぇぇぇぇ?!」

優太「んんんん???」

『ドッキリ〜!』

勇太「大成功〜!!!」

海人「え?!ドッキリ?!」

玄樹「うわぁぁ…。
心臓死ぬかと思った…」

優太「ビックリさせんなよ〜 笑」

紫耀「良かったぁ。俺のあなた〜((ぎゅー」

『いや、だから紫耀のじゃないってば 笑
暑苦しい 笑笑』

勇太「廉のところ行く?」

『あ!私行ってくる!』

玄樹「1人で大丈夫??」

『うん!!!』

全員ーあなた&廉「行ってらっしゃ〜い」

人一倍、拗ねがヤバいからねあの人 笑



『どこ…。
あ!いた!!』

廉「…」

『れ、廉…?』

廉「…なに」

『あ、あのね!
実は…』

廉「別に無理して言わなくてもええで?」

『いや、違くて!!!』

廉「は?」

『じんとは付き合ってないから!』

廉「んんんん????」

『ドッキリです!!』

廉「ドッキリ…」

『騙してごめんね…?』

廉「うわ〜、まじかよ〜。
俺…やっば!www」

『????』

廉「この鈍感め!((デコピン」

『いった!』

廉「騙したお返しや!((ニヒヒ」

『も〜!!』

廉「ほな、戻ろか」

『うん!!!』


ようやく、廉と仲直り出来ましたとさ。




お返しや!って言う廉の笑った顔が

ちょっとカッコ良いって思ったのは、

うちだけの秘密 笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登
ノンジャンルの作品もっと見る
プリ小説公式作品を読もう!