プリ小説

第66話

ふまけんday
あなたside


勇太「さっ!食べ終わった事だし帰ります?」



えええええまだ食べ足りないよ ←



風磨「まだ足りないのかよ」

健人「俺もうマネーないよ、、、笑」

『別にっ!帰ったら食べるし!』

全員「「「おい」」」





みんなで同じ反応しなくてもさ、、、←





顕嵐「じゃあまた仕事でね~」

海斗「ぐっばぁい!」

風磨「お前ら気をつけて帰れよー」

健人「じゃあねハニー!また今度奢るよ!」

『ありがとぅーま!』

優太「帰ったら何するー?」

玄樹「あれは?!
King&Princeをあばけ!」

勇太「あー、少クラね 。
俺もまだ見てない」

『じゃあはよ帰ろう!』

全員「おー!」




ってことで 、


帰ったらキンプリをあばけ見ることにしました 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登