プリ小説

第41話

らじらー
あなたside


あああああああ!ラジオやってみたいっすね←唐突

いや、この前キンプリのメンバーがうちだけ置いて

やってたんですよ?!酷くないですか?!←



平川「あなた!!!」

『…なんだよ、翔太…』

平川「え、なんでそんなに機嫌悪いんだよ 笑笑」

勇太「あー、俺らだけでラジオデビュー
しちゃったから笑笑」

玄樹「あなた〜ごめんね?」

『知らない!((プイッ』

廉「やべぇ。拗ねてるあなた可愛いわ」←

優太「変態か」

紫耀「あなた〜、ぬれおかきいる??♡♡」

『…い、いらないっ!』

勇太「ぬれおかきにも反応なしかよ 笑笑」

平川「それならちょうどいいぞ!」

『は?』

平川「ちょうどお前にらじらーのオファー
が来ててな!」

『え、え、嘘!!!!』

紫耀「えええええええええ」

優太「ずるーーーーい!!」

海人「らじらーはずるい!」

『ずるくないっ!』

廉「まー、やれば?笑」

『やるに決まっとるわ!笑
あ、1人?』

平川「いや、SixTONESのジェシーと樹にも
オファーが来てるはずなんだけd…」






その時、楽屋のドアがバンッ!!と開いた 笑


ジェシー「あなた!!!!!
もちろんやるよね?!」

樹「いや、ジェシー唐突過ぎだから笑」

『ジェシーに樹くん!!!
もちやるで!!!!!』

ジェシー「あなたと一緒にラジオデビュー出来る
とか…!!!!」

廉「おいジェシー変われ」

ジェシー「無理に決まってんじゃん!」

『廉はもうやったでしょ!』

廉「そうやけど…」

『じゃあ、ジェシーと樹くん
よろしくね!!』

ジェシー&樹「よろしく!」

平川「あっ、一応言っておくけど
収録明日だから」

全員「明日?!?!?!」

平川「ジャニーさんからは先週ぐらいに
渡すように言われてたんだけど忘れてて☆
だから、あなたたちが許可してくれなかったら
廉たちにやらせようかな、と笑笑」

紫耀「無理やりすぎやろ笑笑」

全員「笑笑」



とりま、ラジオが出来る…!!



ほんま嬉しいの極みだわ←

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登