無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

サプライズ
勇太side

もーすぐ紫耀たちが帰ってくるはずなんだけどなー笑

ピ-ンポ-ン


おっ、来た来た 笑笑

パッカ-ン

全員「海人はっぴーばーすでー&
にのれんだい入所7年おめでとう !!!!」

海人「え?え?え?」

廉「ななななななんや」

大吾「うわぁ凄いですね!笑」

あなた「え、みんな用意してくれたん?!」



予想以上に驚いてる 笑笑


『結構準備するの大変だったんだからな〜』

流星「4人もいるからですかね、笑」

康二「まぁとりまケーキあるで!」

あなた「プリンは?!」

和也「プリンもあるよ、笑」

翔「俺特製の焼きプリンで〜す!」

潤「翔ちゃん特製とか美味しそっ。
明日相葉ちゃんとリーダーにも
持って行ってあげよ 笑」

玄樹「それでは、改めてましてー、
岸くんから一言」

優太「え?!俺?!」

翔「よし。期待しよう」

和也「あなた〜!ハンカチとって〜」

潤「ティッシュ箱5箱ぐらい必要かな?」

優太「え、え、えぇ?!
…えー、あなたに大吾に廉!
入所7年おめでとう!
それに海人!はっぴーばーすでぃ!
えー、これからも!俺をいじってください!
以上!!!!」

『ドMかよ笑笑』

紫耀「岸くんはM〜笑笑」

全員「笑笑」


まぁ、いろんなことがあって、


サプライズは終了しましたとさ笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る