プリ小説

第15話

玄樹
あなたside


カメラマン「よし!2人は、とりま可愛いから
インスタ映え狙っちゃお!」

『とりまって笑笑』

玄樹「あ!いいこと考えた!
どっちが映え写真撮れるか競争ね!」

『いいね!面白そ~笑』

玄樹は可愛いと言っても男だからね!

女の、うちの方が映えを知っている!きっと…笑


《数分後》


カメラマン「2人とも撮れた~?」

『撮れました !!!!
玄樹は?』

玄樹「撮れたよ~」

カメラマン「じゃあ、せーのでね。
せーの!」

『じゃーん!』

玄樹「じゃん!」

全員「おぉ〜」

『玄樹の絶対映える…』

玄樹「お?俺の勝ちですか?笑笑」

『いや、まだ結果は決まってないぞ!笑』

カメラマン「じゃあ、今からこれを投稿して
どっちが多くいいね貰えるかね!」

『期限は…この撮影が終わるまで?』

玄樹「それでいいと思う!」

カメラマン「よし。じゃあ次の人撮りますか。
次は…じんとあなたちゃんね!」

勇太「は~い 笑」

『あと、3人か…』

勇太「行くぞ~」

『あ、うん!』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登